バンドサウンドによる贅沢なリリースイベントが開催! 「妄想帝国蓄音機」アウトストアミニライブ(昼公演)レポート

By saeki, 2018年2月20日


喜多村英梨、2018年第一弾シングル「妄想帝国蓄音機」が1月24日にリリース! その発売記念アウトストアライブが開催された。


バンドメンバーとともに「妄想帝国蓄音機」を披露すると、トークコーナーに突入。「1月24日は、ほかにどんなタイトルがリリースされているのか、ちゃんと調べてます」などとキタエリらしさ全開の話題でファンを笑わせると、今回のCDに携わったクリエイター陣からのコメントを紹介していく。


「妄想帝国蓄音機」を手がけた鬱Pさんからは「デモ音源をお送りしたら、あっという間に詞を書いてくださったうえに仮歌まで入れてくれました」とのメッセージが。喜多村さんは「『gdgd妖精’s』シリーズの主題歌になるなら、鬱Pさんにお願いしたいと思っていました」と裏話を披露した。また、今回のCD作りを総括して「これまで様々なクリエイターの方と関わってきまして、学ぶことも多かったです。『ごめんなさい』を言いながらも前のめりに制作しました(笑)」と語った。



また、このイベントで初出しのレア音源も紹介。喜多村さんが自宅のお風呂で「妄想帝国蓄音機」の曲入れをしたときの音源は洗濯物をたくさん干して防音を施して録ったとのこと。
テイチクエンタテインメントの小椋氏は「そのセルフプロデュース能力に驚かされました。打ち合わせの際に、自分からイメージ資料を作ってきて、私たちにプレゼンしていたのが衝撃的でした。また、ご自身の声を120%理解しているからこそ、レコーディングも数時間で終わるんだろうと思いました」と絶賛。また、昨年10月28日にかつしかシンフォニーヒルズで開催されたワンマンライブのバックバンドメンバーからもコメントが寄せられ、そのメッセージに照れたりツッコミを入れたりと楽しい掛け合いが見られた。

続いて、来場したキタエリスト(ファン)に募ったアンケートを紹介。
キャッチフレーズをつけるとしたら?」という質問には「ネガティブエンターテイナー」「アンチは己の中にいる」といったセンスあるアイデアがたくさん飛び出した。「キタエリ以外で呼ばれていたあだ名は?」というちょっと変わった質問には「時代ですけど、『エリツィン』かな」と笑いながら答えていた。

喜多村さんがポスターやライブグッズなどに、その場で直接サインを書いて手渡ししてくれる抽せん会のあとは、客席をバックに記念撮影。この日の思い出を写真に刻んだ。

ラストはふたたびライブコーナー。カップリング曲の「ViViD DESiRE」と「fairy∞world」を歌い終え、「30歳を迎え、仕事では目標をどこに持っていくかなど、日々考えながら勝手に重圧を感じています。現在活躍されている、唯一無二な存在だと思える人たちに少しでも近づきたいと思いながら、人生の終活をしています(笑)。集まっていただき、曲を聴いていただき、声を聞かせていただいてありがとうございます!」と「妄想帝國蓄音機」をもう一度披露。オーディエンスも最後の力を振り絞り、サイリウムを振り上げて応えていた。




<Text/ダンディ佐伯>

【CD概要】
「妄想帝国蓄音機」
発売中(2018年1月24日発売)


【CD+DVD】
品番:TECI-599
¥1,800+税

<CD収録内容>
1.妄想帝国蓄音機
2.fairy∞world

<DVD収録内容>
「妄想帝国蓄音機」Music Video
「妄想帝国蓄音機」Music Video Making
「妄想帝国蓄音機」CM SPOT ver.

【CD】
品番:TECI-600
定価:¥1,300+税

<CD収録内容>
1.妄想帝国蓄音機
2.fairy∞world
3.ViViD DESiRE


●テイチクエンタテインメント喜多村英梨 公式サイト
http://www.teichiku.co.jp/artist/kitaeri/