平成の三人官女=Kalafina(カラフィナ)が日光東照宮で“初の世界遺産ライブ!! 世界遺産Special LIVE 世界遺産劇場Extra-日光東照宮-国宝陽明門平成の大修理竣工記念

By saeki, 2017年10月2日


Kalafina(カラフィナ)は2009年4月1日から放送開始されたNHK「歴史秘話ヒストリア」の主題歌オープニングテーマ曲からエンディング曲まで8年間担当してきた歴史と深いつながりのあるKalafina(カラフィナ)が日光東照宮で世界遺産でライブを開催した。
来年(2018年)1月23日(火)、デビュー10周年を迎えるKalafinaは10周年記念ライブを日本武道館でも開催する。


今回の日光東照宮 世界遺産ライブは国宝陽明門平成の大修理竣工記念ライブでもあり翌日(10月1日)はクリスハート、来週(10月7、8日)はゆず、寺尾聡と大物アーチストの出演もあるがKalafinaは今回トップバッター!

Keikoは「今日このライブにおいで頂いたお客さまと平成の大修理という記念のお祝い。いわば宴(うたげ)をトップバッターらしく盛り上げていきたい!」

 

19時、星空が輝き風一つない日光東照宮の五重塔前の特設ステージで弦とピアノのみで構成された“Kalafina with Strings”の演奏によるライブが始まり神殿に相応しい真っ白なドレスを思わせる衣装でKalafinaの3人が登場すると駆け付けた1500人超満員のファンから大歓声と拍手が沸き起こる。

一曲目は歴史舞台に相応しいNHK“歴史秘話ヒストリア”の主題歌でお馴染みの“storia”で『世界遺産劇場Extra-日光東照宮-国宝陽明門平成の大修理竣工記念ライブ』の幕が開けた。

「世界遺産Special LIVE“Kalafina with Strings”へようこそおいでくさいまいました!私たちは世界遺産でライブをすること
は初めてです。今夜は私たちの音楽と共にこの素敵な自然をたっぷりと楽しんでください」(Wakana)「今日は一曲一曲、心を込めてお届けしたいと思います」 (Keiko)「やって参りました日光東照宮! この“特別な空間”で皆さんと音楽で会話する、そんな一夜になったらいいなと思います」



今回のライブは歴史をテーマに本殿をはじめ神殿など国宝ばかりの400年の歴史に触れ、改めてKalafina(カラフィナ)の歴史を作りあげたいとの思いから選曲。時に客席との対話で盛り上げ、先月発売したばかりの“百花繚乱”は初のストリングス編成で披露。

アンコール前に「詰め詰めのセットリストにしました(会場大爆笑)。これから帰る方もいます。急ぎます。でもどうしても最後に入れたい曲があります」(Keiko)と

アンコールは“やさしいうた”まで述べ14曲を熱唱した。総立ちの観客と、涙を流す熱狂的老若男女ファンの大歓声に包まれ、この日の特別な舞台を終えたKalafina(カラフィナ)は、今後も精力的な活動を展開する。




<セットリスト>

1 storia
2 未来

MC01

3 fairytale
4 満天
5 symphonia

MC02

6 百火撩乱
7 とんぼ
8 far on the water

MC03

9 sandpiper
10 Magia
11 五月の魔法
12 夢の大地

MC04

13 into the world

<アンコール>
14やさしいうた

※以上14曲


【ライブ概要】
●世界遺産Special LIVE―興福寺―中金堂再建記念“Kalafina with Strings”
【日程】10月8日(日)、9日(月・祝)


【開場】18:30 【開演】 19:00

【会場】東金堂前庭、野外特設ステージ
http://www.sap-co.jp/kalafina_kohfukuji