豪華キャスト陣が生コメンタリーで大盛り上がり! 「『アニメガタリズ』さかねこアニ研 活動報告会!~最速上映、2話も見せちゃうよ♪~」

By saeki, 2017年9月19日


阿佐ヶ谷未乃愛役・本渡楓さん、上井草有栖役・千本木彩花さん、高円寺美子役・東城日沙子さん、中野光輝役・寺島惇太さん、武蔵境塊役・伊藤節生さん、小幡唯役・高橋李依さん、森井ケンシロウ監督が登壇した。


 

第1話と第2話をキャストと監督のコメンタリー形式で登壇者と一緒に視聴。今回の映像ではCMパート(60秒)もそのまま再現されており、その時間も使って楽しいトークが繰り広げられた。

本渡さんは「みのあの見た『夢』がきっかけで物語がスタートする、というのがキーワードです。ぜひ注目して下さい」、千本木さんは「アリスはアニメを語るときの勢いがすごいので、本編では字幕付きで観て欲しいです」と紹介し、森井監督は「キャラクター同士がアニメをアツく語るパートがほぼ毎回ありますので、お楽しみに」と見どころを語った。

 



アフレコ現場については、寺島さんは「まず収録に向けてすることは、セリフに出てくる作品を調べることから始めます」、本渡さんは「ネコ先輩役の近藤浩徳さんのアドリブがとにかくすごいです!」、高橋さん「アニメの元ネタの話になるとアツくなりますね!」とコメント。

森井監督は「アニメに関して一過言以上ある人ばかりが制作に携わっているので、すごい作品になりました」とのことで、本放送が楽しみだ。

ミニライブコーナーでは本渡さん、千本木さん、東城さんがエンディングテーマソング「グッドラック ライラック」のTVサイズを披露。スクリーンにはキャラクターがキュートにダンスをする映像が流れ、ファンの黄色いサイリウムが舞う中で熱唱した。

この後は2017年5月に行われた「マチ★アソビ vol.18」でのステージイベント、そして同7月に開催された上海のイベント 『CCG EXPO 2017』でのイベントがダイジェスト映像で流された。こちらはTOKYO MXにて10月1日に放送される放送直前特番で紹介されるとのことだ。(BSフジは10月4日)
両イベントに出演した東城さんは「地元のファンも日本のファンと同じシーンで笑ってくれたのが印象的でした」と感想を語った。

 

最後は出演者のサイン入り台本やサイン入りTシャツなどが当たるプレゼント抽選会が開催され、大盛況の中でイベントは終了した。

なお10月7日(土)~8日(日)まで「マチ★アソビ vol.19」クライマックスランにてステージが決定、さらに11月26日(日)には東京・豊洲PITにて、放送終了直前の「ファン感謝イベント」の開催が決定している。





【イベント後の囲み取材】

―本日のイベントの感想をお願いします。

寺島さん:ファンの方のリアクションが分かってキャストとしてもひと安心しました。

高橋さん:みなさんでワイワイ観るのが楽しい作品なんだということを改めて感じました。動画配信サイトなどの実況で盛り上がれそうで、今から楽しみです!

本渡さん:ファンのみんなと一緒に完成したものを観ましたが、スタッフさんサイドの細かい遊び心がたくさん分かって良かったです。

千本木さん:絵がとてもきれいでぬるぬる動いていて感動しました。

東城さん:お客さんのファンが温かく「ここにいるみなさんは『2話切り』はしないだろうな、と思いました(笑)

伊藤さん:アフレコ現場で僕たちが笑うのと同じタイミングで笑ってくださっていてうれしいです。元ネタのまとめを作ってくださるファンが出てきてくれたらうれしいですね(笑)


―みなさんの好きなアニメ作品やジャンルは?

寺島さん:アイドルものが好きで、最近は『ラブライブ!』にハマっています。

高橋さん:ジャンルで言うと、サスペンスやオカルトホラー系の作品が特に好きです!

本渡さん:私がこの業界に入ったきっかけとなったこともありますが、自分がいる世界とかけ離れたことができる舞台に憧れる、ということもあり「忍者もの」「魔法もの」など、ファンタジックな要素がある作品が好みです。

千本木さん:青春物、主人公たちが成長していくような作品が好きです。

東城さん:いわゆる『ジャンプ作品』が好きなので、王道の物語もいいですけど、一方で小さい女の子が大きな銃器を持って戦う作品も大好きです(笑)。

伊藤さん:アイドルものも好きなのですが、ロボットが戦う作品もいいですね。


―みなさんが学生時代に打ち込んでいたものは?

寺島さん:アニメがずっと好きで観ていたのですが、地元のテレビ局であまりアニメを放送していなかったので、親に無理を言ってアニメをたくさん放送している局が映るようにしてもらいました(笑)。

高橋さん:放送部に入っていましたが、アニメ好きの部員が多くて。まるでアニメ研究会みたいでした(笑)。

本渡さん:色々な部に入ったのですが、最終的に演劇部に落ち着きました。

千本木さん:吹奏楽部に入り、夏の大会や冬のコンテストなど、頑張っていました!

東城さん:中二病を患っておりまして(笑)、『ローゼンメイデン』という作品を観てゴシック系の服装やALI PROJECTさんにハマっていました。

伊藤さん:部活に打ち込みました。学生時代クラスが変わらなかったので、クラスにオタクが蔓延していきました(笑)。


―世界中のファンに向けてメッセージをお願いします。

本渡さん:本作は中国との共同制作ということで、言語が違っても絵だけで伝わる面白さがあるということを実感していただけますとうれしいです。『アニメガタリズ』で世界とつながりたいです!



<Text・一部Photo/ダンディ佐伯>


【アニメ概要】
『アニメガタリズ』
TOKYO MX 10月8日(日)より毎週日曜 22:00~(10月1日(日)はスペシャル番組を放送)
BSフジ 10月11日(水)より毎週水曜 24:00~(10月4日(水)はスペシャル番組を放送)
AT-X 10月13日(金)より毎週金曜 22:30~(※再放送:毎週月曜 14:30~/毎週木曜 6:30~)
放送開始!



<キャスト>
阿佐ヶ谷未乃愛:本渡楓
上井草有栖:千本木彩花
高円寺美子:東城日沙子
中野光輝:寺島惇太
武蔵境塊:伊藤節生
青山絵里香:伊波杏樹
小幡唯:高橋李依
赤羽椿:西明日香
大崎菖蒲:高森奈津美
戸田茉莉:高木美佑
楊貝貝:花澤香菜
五門真人:古川慎
六本木透:丸山ナオミ
ネコ先輩:近藤浩徳
阿佐ヶ谷麻耶:水瀬いのり
阿佐ヶ谷愛:加隈亜衣
阿佐ヶ谷修吾:財満健太

ほか


<スタッフ>
原作:DMM.futureworks/ ダブトゥーンスタジオ

監督:森井ケンシロウ
シリーズ構成:広田光毅

脚本
広田光毅
田沢大典
山下憲一
笹野恵

助監督:久保博志
キャラクターデザイン・総作画監督:衣谷ソーシ
美術監督:合六弘
美術設定:袈裟丸絵美
色彩設計:辻田邦夫
撮影監督:寺本憲正
編集:丹彩子(グラフィニカ)
音楽:帆足圭吾(MONACA) 高橋邦幸(MONACA)
音響監督:長崎行男
音響制作:スタジオマウス
制作:DMM.futureworks/ ダブトゥーンスタジオ
アニメーション制作:ワオワールド
製作:咲鐘湖学園アニメ研究部・ JY Animation


●アニメ公式サイト
http://animegataris.com/


©DMM.futureworks/JY Animation・咲鐘湖学園アニメ研究部
「アニメガタリ」©アニメガタリ