注目の若手女性声優ユニットが本格始動! 「女子会ジャンクションDebut!! SUMMER SPECIAL 2017」

By saeki, 2017年8月31日


超新星アイドルかもしれない、今注目の若手声優ユニット『女子会ジャンクション』の記念すべき1stライブが2017年8月22日(火)、東京・新宿にあるZirco Tokyoにて開催され、「さくら組」から伊津美 志の、林 祐衣、丹羽 紗也華、夏篠亜己、「すみれ組」から松山紗香、相沢 凛、真宮あゆみ、川上ゆき、鈴屋千尋が出演した。


 

ライブはデビュー曲の「女子会ジャンクション」からスタート。生バンドの演奏のなか、9人が激しいダンスとともに躍動する。続いて3rdシングル「やってやるぜ!」、続いて2ndシングル「マインド・リバース~傷ついちゃった未来~」と歌い上げ、オーディエンスを沸かせた。さらに「ダンジョン・ダンジョ」では軽快なラップも披露。ポテンシャルの高さを見せた。

続く「リーディングコーナー」では、公式サイトにて連載中の4コマ漫画の物語を演じ、声優としてのスキルも客席に示した。

 

トークコーナーでは、この日集まったファンからのおたよりを紹介。メンバーの個性が垣間見えた。「さくら組」のメンバーは天然系の面々が多い印象。自然なやりとりで笑いを取っていた。逆に、「すみれ組」のメンバーは自ら「圧が強い」と言うだけあり、丹羽さんのものまねを全員で披露したり、「どんな衣装を着たいですか?」という質問に「バニーガール」や「チャイナ服」と答えたりと会場を盛り上げた。

最後は、晴れ舞台に集まってくれたファンに感謝の気持ちを込め、全員で「Dear,tomorrow」を披露。

閉演後はサイン&握手会も行なわれ、並んだファンひとりひとりからライブの感想を聞かされ、笑顔で応えるメンバーの姿が印象的だった。




【「女子会ジャンクション」ライブ終演後コメント】


リーダー さくら組 かのん役 伊津美志の

私はHMなど重いサウンドが大好きなのですが、バックバンドの方々の力強い音の後押しに胸がギュっとなりつつ、お客様に目を合わせてのパフォーマンスをしているとしっかり見つめ返して笑顔で頷いてくれるあったかい空気に泣きそうになりました。
ファーストLive、ありがとうございます。『女子会ジャンクションの本気』と、そして私たちが心から楽しんでるんだって事が伝わっていたら嬉しいです。緊張はあったけれど、最後まで笑顔で過ごしました(*´꒳`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さくら組 あやね役 林祐衣

今回、女子会ジャンクションの初ステージで凄く緊張しましたが、バックバンドが演奏始めた瞬間、一気に緊張が吹っ飛んで、いつも以上に思いっきりパフォーマンスができました!
生演奏の方がとても心が動きやすく、お客様にしっかり届ける事ができて嬉しかったです。
ライブの中で1曲だけ振付をさせていただきましたが、反応が大盛況だったので成功できて良かったと思いました!
これからも、女子会ジャンクションをライブや生放送など、もっといろんな人に知っていただけるよう、発信していきたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さくら組 きらら役 夏篠亜己

『女子会ジャンクション』として初めてのステージ、緊張よりも先に、お客様に私たちを受け入れて頂けるだろうかという不安の方がどうしても先立ちました。しかしいざステージに立つと、お客様のあたたかな声援や拍手に思わず涙が溢れそうになりました。私たちが未完成ながらもデビューライブを迎えることが出来たのは、ひとえにここまで支えて下さったスタッフや観客の皆様のおかげだと感じております。
大好きなメンバーと共にステージを踏むことが出来た事、本当に幸せでした。
どうかこれからも『女子会ジャンクション』をよろしくお願い致します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さくら組 ここあ役 丹羽紗也華

今回のfirst liveは『女子会ジャンクション』にとっても、そして私にとっても本当に初めてのライブでした。 開演の時間が迫る度に緊張感や不安は募りましたが、ステージに立った時、優しく見守ってくださるお客様が目に飛び込んできたことに緊張や不安は薄れました。
そして沢山の練習を一緒に重ねてきた信頼できるメンバーと共にステージに立てていることにも嬉しさが込み上げました……。
今回のfirst liveを胸に、『女子会ジャンクション』だけでなく、自身ももっともっと飛躍をしてゆきたいです…!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すみれ組 ももえ役 松山紗香

ドキドキのファーストライブ。「上手く出来るだろうか」「楽しんでもらえるだろうか」と不安もいっぱいでしたが、ライブ後「最高でした!」とお客様が声をかけて下さって「ああ、女子会ジャンクションに参加出来て良かった」と心から思いました。
メンバーやお客様と最高の時間を過ごせて、本当に幸せでした。これからも声優ユニット「女子会ジャンクション」を見守って下さったら嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すみれ組 くるみ役 相沢凛

初ステージでとても緊張した中、それを吹き飛ばしてくれたのは観に来てくれたお客様の楽しんでいる姿や笑顔でした。他の既存のアイドルとは違って、「女子会ジャンクション」はロックで、メタルというジャンルでの勝負。お披露目出来ることを楽しみにしていた分、同時にジャンルを受け入れてもらえる準備を私たちもしなければと1st liveまで沢山練習をしてきました。その形は、まだまだ荒削りな部分はあれど無事に成功という形になったのではと私自身感じています。「楽しかったよ」「また、観にいきたい」何よりこの言葉を頂けた事が幸せです。
私達メンバーの力、関係者の力、そしてお客様の力が1つになり出来上がった「女子会ジャンクション」これからも暖かく見守って下さると幸いです。本当に幸せな時間をありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すみれ組 ひなき役 真宮あゆみ

初めてのダンス、初めてのライブ・歌、私自身も、メンバーも運営も、全てが手探りで進んだ今回のワークショッププロジェクト。改めて振り返ってみると、全員が惜しまずにそれぞれの能力を生かし、アイデアを出し合って、無我夢中でライブを成功させることだけを考えていました。そして、多くの人に支えられてここまで来ることができたのだと感じています。満員の会場を見た時、本当に心が震え、泣きそうになりました。
この「女子会ジャンクション」を通じて出会えた大事な仲間や、応援してくださった全ての皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すみれ組 ふたば役 川上ゆき

私にとって、初挑戦がたくさんのライブ!
不器用な私には、色々なことがありましたが、大好きなダンスの先生、大好きなメイクの先生、大好きなカメラマンさん、大好きな仲間達、素敵な演奏をしてくださった素敵なバンドの皆様、他にもたくさんの人たちに支えられて、無事にステージに立つことができました!
本番もたくさんのあたたかいお客様が来てくださり、本当に幸せな時間を過ごすことが出来ました。
とは言っても、まだまだ至らぬ点がたくさんあったので、また皆様の前に立つことが出来ましたら、もっともっと成長をした姿を見せることが出来るよう、もっともっと頑張ります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すみれ組 もみじ役 鈴屋千尋

四月に二期生として『女子会ジャンクション』に加入させて頂いた日から今日まで、とにかく必死に走り抜けてきました。
自分の至らなさや未熟さに時に負けそうになりながらも、ここまでやってこれたのはメンバーとスタッフさん、そして何より応援してくださる方々がいてくださったお陰です。
ライブにお越しくださった方、いつも応援してくださっている方、本当にありがとうございました!
そしてこの記事ではじめましての皆さん、これからぜひ『女子会ジャンクション』の世界を一緒に楽しんでください!




<Text・Photo/ダンディ佐伯>

<セットリスト>
1.女子会ジャンクション
2.やってやるぜ!
3.マインド・リバース~傷ついちゃった未来~
4.ダンジョン・ダンジョ

5.Dear,tomorrow


●「女子会ジャンクション」公式サイト
http://www.joshikai-jct.com/