東京を舞台にアイドルたちの戦いが始まる! 「『プロジェクト東京ドールズ』発表会~ド ールハウス緊急招集MTG~」

By saeki, 2017年6月22日


スクウェア・エニックスが放つスマホ向け新作RPG『プロジェクト東京ドールズ』の制作発表会が2017年6月19日(月)に行われ、メインキャストが多数登壇した。

この日の発表会は、「DOLLS(ドールズ)」と呼ばれるアイドルたちが所属する事務所の所長であるセツナ役・明坂聡美と塩見卓也プロシューサーが司会のもとで進行。
サクラ役・本渡楓さん、ミサキ役・Lynnさん、シオリ役・石原夏織さん、レイナ役・久保ユリカさん、ヒヨ役・鈴木絵理さん、アヤ役・竹達彩奈さん、ヤマダ役・遠藤ゆりかさんが登壇した。



 

物語に登場するアイドル(ドール)たちは、各々の理由で一度死んだ者ばかりで「そのまま死ぬか、ドールとして生まれ変わるのか」の選択を迫られ、ドールの道を選んだ9人が本作のヒロインたちだ。
ドールたcじょの使用する武器は「ソード」、「ガン」、「ハンマー」の3種類で、効果の高いもの、低いものもある。また、「ピグマリオン」と呼ばれる敵はそれぞれ属性を持っているため、属性の弱点を突くことが重要となる。またドールたちは、色々な種類の衣装を着ることにより、様々な必殺技を使うことができる。さらに超強力な「合体技」も放つことができるとのこと。

ピグマリオンを倒すことにより取り戻す「フィール(感情)」を彼女たちに注入することにより、彼女たちを強化させたり、感情を取り戻したり、アバターなどのプレゼントがGETできる。
さらに、心にアクセスできる「鍵」を使うことによって、ドールたちの過去を垣間見ることができる。ストーリーは順次アップデートの予定なので、お楽しみに。


ここで、この日来られなかったドールたちからのビデオコメントが紹介された。

 
ナナミ役・佐倉彩音さんは「ナナミは口が悪かったりあまのじゃくなところもあり、周囲への当たりもきついので嫌われているのかも? と思われるかも知れませんが、かわらしい一面もありますし、ツンとデレのときとのギャップを楽しんでください。
衣装に関しては、ブローチがフィギュアと同じような素材を使っているらしくて、すごくクオリティが高いと思いました」とコメント。

 
ユキ役・内田真礼さんは「ユキは天然で素敵な女の子ですが、戦闘能力が高いので、たくさん使ってください! それぞれのキャラで個性があり、ゲームに出てくるキャラクターに忠実に作られています。みんなに喜んでもらえるといいなあ。リリースが楽しみです!」とメッセージが贈られた。

ここからは登壇者が自分の演じたキャラクターを紹介。


本渡さんは「サクラはどんな困難にぶつかっても、前向きに走るような子だな、という印象を受けました。元々ドールズにあこがれていた子なのですが、私も彼女と同じく、声優の先輩たちと同じ舞台に立てるよろこびを感じつつ頑張ります」


Lynnさんは「ミサキは冷静で効率重視の子なので、あたりがキツく聞こえてしまうこともあるかもしれませんが、プロ意識の高さの裏返しだと思うので、そこを考えながら演じたいと思います」

 
石原さんは「シオリのようなおっとりとしたお姉さんを演じたことがないのですが、自分のなかでしっくりきました」

 
久保さんは「レイナのような独特の思想を持った子は今まで演じたことがないので、これを機会に成長したいです」


鈴木さんは「ヒヨは太陽のような明るさを持っているので、収録のたびに気合いが入ります。ヒーローに憧れているということなので、戦い方にも注目して欲しいです!」


竹達さんは「アヤは『アイドルとは何たるか?』を考えていて、確固たる信念を持っています。ゲームを進めるうちに彼女のかわいい部分も見えてくるのではないでしょうか?」


遠藤さんは「ヤマダはアイドルとして全然頑張っていないのですが、戦いでは好戦的な気持ちが全面に出て大活躍します」とそれぞれコメントした。



なお、公式サイトからはアラームアプリを無料でダウンロード可能。
遠藤さんは「ヤマダのアラームを使ってみたことろ、『これは起こす気がないだろ!』と突っ込んでしまいました(笑)」と苦笑いだった。

音声の収録現場については、本渡さんは「ゆっくりと収録させていただきました。アットホームなスタッフに囲まれて、収録のたびにチョコレートをもらえるので、とてもうれしかったです(笑)。サクラが私に染み込んでいく感じがしましたし、自分も駆け出しの声優なので親近感がわきました」とコメント。

Lynnさんは「ミサキレッスン中にビシバシ言うシーンがあるのですが、難しい言葉を淡々と言うので口が回らずにリテイクをしました。台本を読んでいてしんどさも感じるエピソードもありつつ、これからの展開も楽しみです」

鈴木さんは作中で使用されている曲について「PVにも使用されているテーマソングはぜひフルコーラスで聴いてもらいたいです。1番は楽しく明るいのですが、2番はガラッと180度変わった曲になります。まさにアイドルの二面性を表している曲だと思いました。最後は一筋の光が差すような終わり方をするので、彼女たちにも救いがあるのかな、と感じましたね」とコメントした。

ゲームは2017年6月22日(木)より配信予定となっている。



<Text・Photo/ダンディ佐伯>



●「プロジェクト東京ドールズ」公式サイト
http://www.projecttokyodolls.jp/


(C)2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.