昭和アイドルソングを人気声優がカバー! 「TVアニメ「アクションヒロイン チアフルーツ」Presents トキメキ感謝祭3rdライブ『トキ祭“グランデ”~5月のエモーション~』」レポート

By saeki, 2017年5月22日


2017年5月21日(日)、東京・有楽町朝日ホールで「TVアニメ「アクションヒロイン チアフルーツ」Presents トキメキ感謝祭3rdライブ『トキ祭“グランデ”~5月のエモーション~』」が開催され、トキメキ感謝祭の8人(M・A・O、村川梨衣、伊藤美来、広瀬ゆうき、石田晴香、山崎エリイ、豊田萌絵、白石晴香)が出演。昭和アイドルソングのカバーやトークを繰り広げた。

トキメキ感謝祭はTBSがYouTubeで配信していたアニメ情報番組『新スキイモ!(前身番組は『スキイモ ~アニメがみたくなる呪文~』)』発の声優ユニット。現在は冠番組『トキメキ感謝祭のトキメキチャレンジ!』がYoutubeで配信中だ。



ライブパートでは『新スキイモ!』の人気コーナー「声優ですが歌ってみた!!」と同じくアイドルソングを次々カバーしていった。山崎エリイの「天国のキッス」から始まり、M・A・Oの「少女A」までひとり一曲づつ披露。事務所のオーディション曲で、自身のライブでも披露するなどもはや伊藤の持ち歌と言っていい「赤いスイートピー」や、声色を再現し迫力抜群の村川梨衣「北ウイング」、演奏が途切れ無音が現れる難曲「プレイバック part2」を白石が振り付けまで再現したりと、見どころ・聞き所がたっぷりであった。

クイズコーナーでは伊藤美来、M・A・O、白石晴香、石田晴香の4人が「ブドウがブドウと呼ばれる前は何と呼ばれていた?」などの問題に挑戦し、フルーツクイーンを目指したかと思えば、山崎エリイ、広瀬ゆうき、豊田萌絵、村川梨衣の4人は「松田聖子が聖子という名前にした理由」などの問題に挑戦し、アイドルクイーンを目指した。注目だったのは、この日岡田有希子の「くちびるNetwork」を歌唱した豊田。アイドル好きの彼女は歌った楽曲や、クイズの内容に関して次々アイドルエピソードを喋ってゆく。更にはアイドルと言えばキャッチフレーズ! ということで山崎に「21世紀の清純アイドル」、「広瀬に飛び出せ! ひろせ!」のキャッチフレーズを授ける一幕も。お返しに豊田は「桃色百科事典」のキャッチフレーズを2人から贈られていた。



最後には7月から放送が開始されるTVアニメ『アクションヒロイン チアフルーツ』のプロモーションムービーが流され、各人が担当するキャラクターもお披露目された。伊藤が特撮好きのキャラクターを担当するなど、キャストに寄せられて作られた様子が伺える。また、オープニング・エンディングテーマをトキメキ感謝祭が担当すること、コミカライズが、ヤングチャンピオン烈で開始することなども発表された。

アンコールではトキメキ感謝祭オリジナルソング「トキメキ!アンセム」がわいわい楽しく歌われてライブイベントは終幕した。

<Text/佐藤京一>


<セットリスト>
01.天国のキッス/山崎エリイ
02.まちぶせ/広瀬ゆうき
03.赤いスイートピー/伊藤美来
 クイズコーナー「フルーツクイーン争奪 抜き打ちクイズ大会!」
 (伊藤美来、M・A・O、白石晴香、石田晴香(司会))
04.くちびるNetwork/豊田萌絵
05.北ウイング/村川梨衣
 クイズコーナー「アイドルクイーン争奪 抜き打ちクイズ大会!」
 (山崎エリイ、広瀬ゆうき、豊田萌絵、村川梨衣(司会))
06.プレイバック part2/白石晴香
07.FU-JI-TSU/石田晴香
08.少女A/M・A・O
En01,トキメキ!アンセム


【アニメ概要】

『アクションヒロイン チアフルーツ』
2017年7月よりTBS、BS-TBSにて放送開始予定


<スタッフ>
監督:草川啓造
シリーズ構成:荒川稔久
キャラクターデザイン:井出直美
音楽制作:日本コロムビア
アニメーション制作:ディオメディア

<キャスト>
城ヶ根御前:M・A・O
赤来 杏:伊藤美来
黒酒路子:村川梨衣
黄瀬美甘:山崎エリイ
緑川末那:広瀬ゆうき
青山勇気、青山元気:石田晴香
桃井はつり:豊田萌絵
紫村果音:白石晴香
ほか

●『トキメキ感謝祭のトキメキチャレンジ!』公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/tbsanime

●『アクションヒロイン チアフルーツ』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/anime/cfru/
●公式ツイッター
@cfru_tokisai