話題のライトノベル『新宿コネクティブ』ボイスドラマのメインキャストが魅力を語る!

By saeki, 2017年4月20日


内堀優一先生による大型シリーズ『新宿コネクティブ』がHJ文庫より2017年5月1日(月)に発売。それに先駆けて4月20日(木)からは舞台『新宿コネクティブ アナザー1975』が東京・下落合TACCS1179で上演される。
さらに公式HPではボイスドラマが公開中。佐蛹 慶介(ささなぎ けいすけ)役・酒井広大さん、蔵祭 平三郎(くらまつり へいざぶろう)役・高橋英則さん、零栓院 胤正(れいせんいん たねまさ)役・仲田ありささん、畠瀬清子(はたせきよこ)役・桜木アミサさんにお話をうかがってきました!



―収録の感想をお願いします。

酒井さん:まだ原作も発売されていない段階ですので、キャスト陣は最初は探り探り入っていったところもありました。でも徐々に慣れていき、いい掛け合いができたと思います。
慶介君に関しては、明るい男の子ということでしたが、突き抜けるほどではないのかな、と思ったのですが、平三郎さんに突っ込みを入れたり、胤正君のケンカ仲裁をしたり、コミカルな面もかなり見せてくれました。

高橋さん:平三郎は、いわゆる兄貴肌の人物かと思ったのですが、作品を読み進めるうちに子どもっぽいところもあり、慶介にも「またこんなこと言ってる……」と呆れられるような、ちょっと残念な一面も持っているのが分かりました(笑)。
胤正との関係もそうですが、登場人物たちがしばしば衝突することがあるのは、それぞれに譲れないものがあるからなんだろうと。そこが本作の魅力でもあると思います。

仲田さん:胤正君は4人の中では一番年下なのですが、一番落ち着いている感じがします。でも歳相応の反応を示すことも多くて、そこがとてもかわいいです。慶介君を慕っているところも微笑ましく感じました。

桜木さん:清子ちゃんはいつもニコニコしているお嬢様、ということでしたが、今回のボイスドラマではあまりそういうところがなかったかも知れません(笑)。毒づいているシーンが多かったので、次の機会には、彼女のかわいらしいところを見たい、演じたいと思いました。


―ライトノベルの敢行前から様々な展開を見せている『新宿コネクティブ』ですが、ファンに向けてメッセージをお願いします。

酒井さん:舞台では、小説とはまた違った物語をご覧いただけるかと思いますし、ミニドラマを聴いて作品に興味を持っていただけると僕らとしてはとてもありがたいです。応援、よろしくお願いします!



<Text・Photo/ダンディ佐伯>


【作品概要】

HJ文庫『新宿コネクティブ1 』
著者:内堀優一
イラスト:ギンカ
価格¥669
出版日:2017年5月1日(月)


※第2巻は2017年8月1日発売予定。

【舞台概要】
演劇企画ハッピー圏外第27回公演
「新宿コネクティブ アナザー1975」

【東京】TACCS1179
西部新宿線下落合駅徒歩2分
〒161-0034 東京都新宿区上落合1-17-9
TEL:03-3950-5705(代表) FAX:03-3951-3638

作・演出 内堀優一

【出演】
黒藤結軌、水野夏子、渡辺あつし
保坂麻美子、Azuki、岡田奏
桑原聡、秋山ひらめ、宮﨑舞
矢部聖子、杉本純一、学習院ひろせ
中津育美、平敷慶吾、びゃい。、山下藍
銀杏ケンコー、ハラミ、ザ・鈴木
野々川護、金田満次郎正栗、後藤田文蔵

【あらすじ】
1975年 昭和50年 新宿歌舞伎町。なんでもやに一人の女が現れる。新宿歌舞伎町、新宿で生活する人々のつながりで事件を解決していく。

【上演スケジュール】
4月20日(木) 14:00/19:00
4月21日(金) 19:00
4月22日(土) 14:00/19:00
4月23日(日) 13:00/18:00
4月24日(月) 14:00/19:00
4月25日(火) 14:00/19:00
4月26日(水) 15:00
※受付開始・開場は開演の30分前


【チケット情報】
●日付指定(一部指定席)
前売り 一般 4,000円  当日 一般 4,500円
高校生 3,000円(前売り当日同額)
小・中学生 2,000円(前売り当日同額)

◆前売り特典付き◆
こりっち、劇団窓口にて取り扱い
1、小説付きチケット一般4500円・高校生3500円・小・中学生2500円
2、前売り特典付きプレミアムチケット6000円
(前方席・ブロマイド付・他プレゼント)


●作品特設サイト
http://shinjuku-connective.net/
●舞台「新宿コネクティブアナザー1975」サイト
https://www.happykengai.com/