アーティスト・松井恵理子の第一歩が刻まれた 『松井恵理子・バースデイ・ファースト・ライブ「Rainbow Days」』

By saeki, 2017年3月27日


声優・アーティストとして活躍する松井恵理子の記念すべきファーストライブが2017年3月18日(土)、東京・原宿アストロホールで行なわれた。

バンドメンバーに続いて白いドレスに身を包んだ松井さんが登場。集まったファンの目を一人ひとり見つめながら「ワスレモノ」、「G.I.R.L.」とピンクのサイリウムが輝く中で披露した。

最初のMCで「客席からとてつもない熱気を感じます。貴重な三連休の初日に来ていただき、ありがとうございます! 始まる前は不安がありましたが、みんなの笑顔にパワーをもらえました!」と笑顔の松井さん。

「今日は私と笑顔でつながってください!」と客席に向けて指を伸ばしていき「ユメキセツ」へ突入。切ないキーボードの調べに乗せて歌唱すると、体を小刻みに揺らしながら「理想ラビリンス」、そしてMCでは「もうすぐ新生活が始まりますね!」(松井さん)「そうですね!」(ファン)とファンの方々と軽快なやりとりで盛り上がったあとは「子猫のRuby」をまったりとした雰囲気の中で披露。客席に向けて振られる手に、オーディエンスもカラフルなサイリウムで応えた。


「今日はみんなのバースデーのつもりで楽しんでください!」と語りかけると、ここからはしっとりとした曲ゾーンに突入し、「Tsubaki」を歌い上げた。

幕間では物販で発売したポストカードのレアな原画が当たる抽せん会も開催され、くじを引くたびに歓声が上がった。

松井さんが名シーンをすぐ思い浮かべられるというほどお気に入りの『金色のガッシュベル!!』の楽曲を手掛けた千綿ヒデノリの「カサブタ」を力強く歌唱。そして最近、地元・愛知県にある安城市のテーマ曲に、同じフレーズが使われていたことが発覚したという(笑)「じゃんだらりん」。愛知県出身者や、四季それぞれに生まれた人などに分けて「じゃんだらりん」のコール&レスポンスを楽しみ、さらに感情をこめて「シネマ」を歌い上げた。

今回のライブはチケットが完売。「もし、友人や知り合いで来られなかった人がいたら、応援していただいて、とても感謝していますとお伝えいただけたら嬉しいです。」と優しい一面も見せた。なお、ライブグッズは松井さんがすべて原案を出したそう。本編最後の曲である「デッサン」では、「約束だよ」の文字が入ったサイリウムが会場中で光輝いた。

迎えたアンコールではキーボードとギターが登場。アコースティックギターに乗せて「これまで披露する機会がなかったのですが、どうしても歌いたかった」という、アニメ『ログ・ホライズン』挿入歌「バースデイ・ソング」を心を込めて披露した。さらにドラムとベースも呼び込んで、「Don’t let me down」を歌唱した。
客席をバックにしての記念撮影の後「この曲を歌うのは一番最後だと思いました」と披露したのは「声」。魂のこもったその歌声に、ファンもじっくりと聞き入っていた。



<Text/ダンディ佐伯>

【セットリスト】
01.ワスレモノ
02.G.I.R.L.
03.ユメキセツ
04.理想ラビリンス
05.子猫のRuby
06.Tsubaki
07.ココニアルモノ
08.カサブタ(カバー曲)
09.じゃんだらりん
10.シネマ
11.デッサン

<アンコール>
01.バースデイ・ソング
02.Don’t let me down
03.声




●徳間ジャパン 松井恵理子 公式サイト
http://www.tkma.co.jp/jpop_top/ErikoMatsui.html