坂道たちの新たな旅立ちを予感させるナンバー! 2017年2月15日(水)発売『弱虫ペダル NEW GENERATION』OP「ケイデンス」をリリースする夏代孝明さん インタビュー

By saeki, 2017年2月13日


2017年1月より好評放送中の人気アニメ『弱虫ペダル』最新シリーズ『弱虫ペダル NEW GENERATION』OPテーマを歌うのは、シンガーソングライターの夏代孝明。『弱虫ペダル』らしい、青空を感じさせる爽快なナンバーだ。



―音楽を始めるきっかけは何だったのでしょうか?

夏代孝明さん(以下、夏代):ちょうど中学生のときに周りでバンドブームが起こったんです。BUMP OF CHICKENやASIAN KUNG-FU GENERATIONがすごい流行っていて。仲間たちと最初にBUMP OF CHICKENの「天体観測」をコピーしたのですが、そこから「歌うのも楽しい」と思い始めたのが、歌手になろうと思ったきっかけです。

高校時代はループマシンにみんなで作った曲を入れて、そこで終わっていたのですが、「星の歌」あたりからパソコンを使って本格的に曲作りを始めました。ボーカロイドに出会ったのもその頃ですね。supercellさんの「メルト」を聴いて衝撃を受けて、さらにニコニコ動画でhalyosyさんの歌声を聴いて「こんな歌い方できる人がいるんだ」とまたまたショックを受けました。でも同時に「自分もできるんじゃないか?」と、根拠のない自信も沸き起こってきまして……(笑)。


―前向きですね(笑)。ちなみに活動名義を変えた理由は?

夏代:最初はハンドルネームを使って活動していたのですが、当時所属していたバンドのなかで、自分だけ浮いた名前だったんです。メンバー名を並べて表記したときに見栄えもいいし、カッコいいと思いまして、改名しました。そんな単純な理由です(笑)。


―メジャーデビューから今年の1月でちょうど2周年だそうですね。

夏代:インターネットでの活動をきっかけにアーティストへの道が開けてきたのですが、それまでは他のアーティストさんの曲を自分の歌いたいように歌っていたのが、デビューしてからは以前からやりたかった作詞や作曲も積極的に挑戦できるような環境になったというのが大きく変わったところでしょうか。
その分、挫折感を味わうこともありましたし、決して楽な道のりではなかったですが、毎日がとても充実しています。


―現在はRiot of Colorの一員としても活躍されています。

夏代:結成当初から比べると、メンバーそれぞれが目指す道を見つけて突き進んでいる感があります。相談したいことができたときは気軽に『LINE』などで連絡を取り合える仲なので、彼らはすごく貴重な存在ですね。


―「ケイデンス」が『弱虫ペダル NEW GENERATION』のOPテーマに起用されることを知ったときの率直な気持ちをお願いします。

夏代:『弱虫ペダル』は単行本はもちろん、毎週『週刊少年チャンピオン』で読んでいたくらいファンだったので、最初聞いた時は本当にうれしかったですね。


―ちなみに好きな登場人物は?

夏代:巻島裕介と、あと鳴子章吉です。巻島先輩は単純にカッコ良くて、章吉は僕が関西出身ということもあって、関西弁がとても耳に馴染むと言いますか(笑)。


―曲や歌詞はどのように生まれたのですか?

夏代:今までのシリーズのOPテーマは青空が想像できるような曲が続いてきたと思うのですが、最初に渡辺拓也さんが提案してくれたデモを聴いた時も「これはまさに『弱虫ペダル』のOPテーマだ!」と変な確信を持ちました(笑)。詞も松井洋平さんと一緒に「こんな感じでしょうか?」みたいなやり取りをしながら作っていきました。


―詞のなかでお気に入りの部分はありますか?

夏代:サビですね。作品に寄り添って考えると、インターハイで優勝した総北高校が、メンバーも変わって新たなステージへと進んでいく、という内容になると思います。
一方で現実世界に置きかえてみると、みんなからの強い気持ちを受け取ってそれを昇華しなければならないときがあり、そのシーンで自分がどんな気持ちを持って臨まなくてはならないのか。それを表した歌詞になったのではないかと。


―レコーディングはいかがでした?

夏代:この曲は最初から最後まで落ち着く暇がないと言うか「落ちる」ところがないんです。歌う上で抑揚をつける必要はあるのですが、失速した感じをいかに出さないようにするかが苦労しました。


―12月に幕張メッセで行われた「アニメJAM」で「ケイデンス」を初披露されたそうですが、会場の様子は?

夏代:初披露ということで、みなさんがどんな反応をされるか不安もありましたが、サイリウムを思いっきり振って応援してくれたので、ステージを降りるときは感謝の気持ちと「出し切った感」がすごかったですね(笑)。


―MVも現在公開中ですが、こちらは学校を舞台に、学生が青春を謳歌するようなシーンが描かれています。

夏代:11月に撮影したのですが、当日の気温が20度を超えていたんです。しかも海での撮影ではサーフィンをしている方たちもいたり……真夏に撮ったと勘違いされないかどうか心配しながら臨みました(笑)。


―ちなみに学生時代はMVのようなキラキラした毎日を送られていたのでしょうか?

夏代:そんなことはないです。バンドをやっていたから「さぞかし女の子にワーキャー言われてたんじゃない?」と聞かれることもありますが、ライブのチケットを売ったりするのに必死で、それどころじゃなかったですね(苦笑)。


―カップリングの「ユニバース」は超前向きな疾走感あふれる曲です。

夏代:自分が作詞・作曲したのですが、作詞するときはいつも実生活において感じたことをプラスに持っていきたいというスタンスで書いているんです。元々宇宙や星が好きなこともあり、それを軸にして作りました。中学生から高校生、高校生から大学生へと進んでいく若い人たちを後押しするような気持ちも込められています。


―かわって「ふたつの物語」は切なさ満点のバラードです。

夏代:1stシングルの「クロノグラフ」からの流れで、最近は友人同士や恋人同士といった、固定されたシチュエーションをイメージした曲を作る傾向があったのですが、歌詞の中にはふたりの人が出てくるのですが、あえてふたりの性別や関係性が分からないようにしました。

バラード曲を持ってきたのは、前の2曲がすごく元気で勢いのあるナンバーなので、ここで少し落ち着かせてバランスを取っておこう、という意図もあります。ちょっと違う視点で僕の音楽を感じて欲しいですね。


―発売記念キャンペーンも各地で行われる予定です。

夏代:サインをしている間にファンの方とお話するのですが、その時間をいつも楽しみにしているんです。ですから、本当に貴重な機会ですね、とてもありがたいです。


―そう言えば、ツイキャスではリスナーからの悩みに答えていますね。

夏代:そんな大それたことは言えてませんが(笑)。これまで生きてきたなかで経験してきたものが生かせれば、と思って始めたのですが、「何のために生きているのか分からない」みたいな質問から「明日試験なんですけど、どうしましょう?」といった質問まで、幅広いですね。
でも、みんな悩んでいることは似ているんだな、というのが率直な感想です。自分のアドバイスが解決に向けて少しでも貢献できたらうれしいです。


―2月14日のバレンタインには東京・池袋にあるニコニコ本社で特番生放送とサイン会が行われます。

夏代:公式の放送では出させていただいているのですが、個人での出演は久しぶりなので、どんなことを話そうか、企画しようか今から楽しみです!


―最後に、今後の目標を教えて下さい。

夏代:曲作りをするときに「この曲はこの人が歌っているイメージで」という想像をしながら書くことも多いので、他のアーティストさんに曲を提供することにもどんどん挑戦していきたいです。


<Text/ダンディ佐伯>


【CD概要】
「ケイデンス」
2017年2月15日(水)発売



【アニメ盤】
品番:THCS-60125
¥1,400(+税)
※アニメ描き下ろしジャケット


【アーティスト盤】(CD + DVD)
品番:THCS-60126
¥1,700(+税)
※深町なかオリジナル描き下ろしジャケット


【通常盤】
品番:THCS-60127
¥1,200(+税)
※深町なかオリジナル描き下ろしジャケット

(収録曲)
1.「ケイデンス」
2.「ユニバース」
3.「ふたつの物語」
4.「ケイデンス」(Instrumental)
5.「ユニバース」(Instrumental)
6.「ふたつの物語」(Instrumental)

<特典内容(映像・封入)>
【アニメ盤】
TVアニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』オープニングムービー絵コンテブックレット
【アーティスト盤】
DVD[「ケイデンス」ミュージックビデオ/「ユニバース」オリジナルアニメミュージックビデオ]

TOHO animation RECORDS
発売・販売元:東宝


●夏代孝明オフィシャルサイト
http://7246.jp/
●TVアニメ公式サイト
http://yowapeda.com/