第9回「DEGジャパン・アワード / ブルーレイ TM大賞」 アニメ好きでも知られる栗山千明が「DEGアワード アンバサダー」に就任!!

By saeki, 2017年1月30日


映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが加盟する次世代デジタルエンターテイメントの普及団体「デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン」(DEGジャパン)は、2016年に発売されたブルーレイ作品の中で、ブルーレイディスクの特長を最も活かした作品を表彰する第9回「DEGジャパン・アワード / ブルーレイ大賞」の開催に向けて、国内外で女優として活躍されている栗山千明さんが「DEGアワード アンバサダー」へ就任することを発表した。


栗山さんは、女優として多数の映画やドラマに出演され活躍中であることはもちろんですが、無類の
アニメ好きとしても知られています。アニメ作品以外にも多くの作品をブルーレイで鑑賞され、近年特に増えている女性ユーザーを代表する栗山さんに、ブルーレイの魅力を訴求していただけるよう、今回「DEG
アワード アンバサダー」に就任を依頼しました。

栗山さんはこのたびブルーレイの魅力・特長を訴求しているDEGジャパンおよび「DEGジャパン・アワード」
の活動に賛同し、「DEGアワード アンバサダー」としてブルーレイの魅力を発信していただきます。


■栗山千明(くりやま ちあき)さん プロフィール

1984年10月10日生まれ。

5歳から芸能活動を開始し、1999年に映画『死国』にて女優としてデビュー。『バトル・ロワイアル』や『キル・ビル Vol.1』に出演し、ハリウッド女優としても知られている。最近ではテレビ朝日『不機嫌な果実』やNHK『コピーフェイス.消された私.』など、多くのTVドラマにも出演し、花王『エッセンシャル』や森永乳業『アロエステ』など、多数のTVCMにも起用されており、多方面で活躍している。

最新作は、三池崇史監督の『無限の住人』(2017年4月29日全国公開予定)。


【大賞概要】
第9回「DEGジャパン・アワード / ブルーレイ大賞」概要


■選考委員
・審査委員長
麻倉 怜士 (AV評論家)

・審査委員
本田 雅一 (AV評論家)
藤原 陽祐 (AV評論家)
青木 眞弥 (株式会社キネマ旬報社 キネマ旬報 編集長)
米崎 明宏 (株式会社近代映画社 スクリーン 編集局長)
小川 純子 (株式会社KADOKAWA DVD&ブルーレイでーた 編集長)
泉 哲也 (株式会社ステレオサウンド 月刊HiVi編集部 エディトリアルサポート)
縣 良輔 (ぴあ株式会社 ぴあ Movie Special 編集長)
山本 伸夫 (日経BP社 日経エンタテインメント! 編集長)
椎葉 克宏 (株式会社oricon ME コンフィデンス 編集長 )
角 清人 (株式会社KADOKAWA Newtype 編集長)
川井 久恵 (株式会社徳間書店 アニメージュ 編集長)
馬渕 悠 (株式会社学研プラス アニメディア 編集長)

DEGジャパン 機器メーカー会員
甲野 和彦 (パナソニック株式会社)
末永 信一 (ソニー ビデオ&サウンドプロダクツ株式会社)
桑原 光孝 (東芝映像ソリューション株式会社)
(順不同、敬称略)


■その他、詳細は、下記URLをご参照ください
http://www.deg-japan.jp/award/index.html