【12/25開催】クリスマス衣装で過酷な企画に挑戦! 『まついがプロデュースVol.1』DVD発売記念イベント(二部)

By saeki, 2017年1月5日


ニコニコチャンネルで展開する声優番組レーベル「PHONONチャンネル」で好評放送中の『まついがプロデュース』。そのDVD第1巻が2017年1月7日(土)発売! リリースを記念したイベントが2016年12月25日(日)、東京証券会館ホールで開催された。


当日は松嵜麗、五十嵐裕美の両プロデューサーに加え、中村桜さん、古木のぞみさん、高野麻里佳さん、桑原由気さん、高井舞香さん、水間友美さんが出演。この日はクリスマス当日ということで、サンタクロースやトナカイなどのクリスマスにちなんだ衣装で登場し、会場を沸かせた。

なお、今回のイベントでは、公演中にツイッターでハッシュタグをつけてつぶやくユーザー参加型の実況投稿が行われ、後のコーナーでも来場者のツイートが大活躍した。

matsuiga_2016_06

最初はDVDの映像を観ながら番組を振り返っていく。「一部(昼の部)」でも好評だったという古木さんのジェスチャーパフォーマンスも冴え渡る中(笑)、メンバーがお化け屋敷に挑戦した回で水間さんが「最後の最後に誰か来たことにビビッてしまいました(苦笑)」というエピソードや、桑原さんがカメムシ丼に挑戦したゲテモノの食レポなど、クリスマスらしからぬ映像を観ながら楽しいトークが展開された。

matsuiga_2016_09 

続いて「写真で一言 大喜利投稿」コーナー。事前に公式ホームページ等で募集した、1枚の写真に当てはまる一言を紹介していく。各出演者がお気に入りのネタを選んで紹介する中で、桑原さんは自分のネタで勝負! 会場を笑いに包んだ。

matsuiga_2016_13 

続いては「対決コーナー」。「一部」で行われたチーム戦で得たポイントを持ち越して個人戦が行われ、最下位は後日ニコ生の放送で罰ゲームが執行されるという恐ろしい企画だ。

最初は「早挙げ!まついがクイズ選手権」。「最初にあがっていた番組タイトル案は?」、「心霊が苦手な松嵜さんのために用意した清めの塩は何グラム?」など、番組に関する問題が出題される挙手制のクイズ対決なのだが、前に前に出たがる古木さんは両プロデューサーからシカトされてしまう一幕も(笑)。

matsuiga_2016_16 matsuiga_2016_21

続く「電気ビリビリゲーム」は電気ビリビリ装置を使ったゲーム。装置から流れる音楽が止まった瞬間に一番早く押した人が勝ちで、遅かった人やフライングした人は「電気ビリビリの刑」に処されてしまう、という、非常にバラエティー色の強い企画。中村さんと高野さんが強さを見せ、一方の最下位争いは古木さんと高井さん。五十嵐さんから背中を叩かれた古木さんが晴れて(?)罰ゲーム決定! 詳細は近日公開予定だ。



イベント終了後には松嵜さんと五十嵐さんによるDVDの手渡し会と、他キャストのお見送りが行われ、イベントは終了した。


matsuiga_2016_28 matsuiga_2016_98

イベント後に、出演者からコメントをいただいたので紹介しよう。


―本日のイベントの感想をお願いします。


高野さん:『まついが』をお客さんの前でやったらどうなるんだろう? というのが測りかねるところがありましたが、みなさんの笑い声は大事なんだということが改めて分かりました(笑)。素敵なクリスマスを過ごせました!

水間さん:本編を撮った時も身体を張った企画をたくさんやりましたが、イベントでもその空気感が少しでも伝わっていたらいいな、と思います。私にとっても最高のクリスマスプレゼントになりました!

高井さん:個性派揃いのマウスプロモーションのメンバーと、クリスマスらしい衣装でワイワイやれて、まるでパーティーのようなイベントでした。また機会があればやりたいです!

桑原さん:司会、見守る人、かき回す人、そして突っ込み担当と、各々のポジションがうまく回った素晴らしいイベントだったと思います!

中村さん:クリスマスと言えば、以前事務所のメンバーで結成した「マウスディーバ」のライブイベントでも着ぐるみ姿で参加しましたが、あの頃と違って強力な後輩もたくさん出てきて「負けられないな」と思いました(笑)。これからもマウスプロモーションをよろしくお願いします!

古木さん:楽しい仲間たちと一緒に、精一杯暴れさせていただきました(笑)。罰ゲーム放送も……がんばります(苦笑)。

松嵜さん:クリスマスのお忙しい中、たくさんのみなさんに集まっていただいてうれしかったです! 中には「一部」をご覧になって、「面白かったから」と急きょ「二部」のチケットを取ってくださった方もいたみたいで、頑張った甲斐があったな、と。

五十嵐さん:うちの事務所の子とできるのは何より良かったと言いますか。どこまでやれるのか、やらせてもいいのかが分かりますし(笑)。しかも実際にやってみて「こんなことができるんだ」と新たな一面も垣間見ることができたので、とても収穫があったイベントでした。


―今後、どんな企画をやってみたいか両プロデューサーの口からお聞かせください。

五十嵐さん:バンジージャンプとかどうかな? ベタすぎる?

松嵜さん:そうねえ……私は極寒での「ワカサギ釣り」かな。でも直近だとニコ生の罰ゲームだから、それを考えると古木の場合は「おいしい罰ゲーム」になっちゃうかも。それじゃ罰にならないからねぇ。

五十嵐さん:確かに(笑)。ゲテモノ料理の食レポなんかは違う意味で「おいしい」感じになっちゃうし。スタッフ一同、楽しい企画を考えていきますので、引き続き『まついが』をよろしくお願いします!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>


【DVD概要】
『まついがプロデュース』Vol.1
2017年1月7日(土)発売

¥3,800+税



●声優番組レーベル Phononチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/phonon