【完全版 独占レポート】4月18日(土)開催 高橋秀幸が「たかぱす感謝祭」でファンとの絆を再確認 !

By saeki, 2015年4月23日


高橋秀幸の恒例イベント「たかぱす感謝祭-Birth 04-『誕生日!でもフルスロットル!?』」が4月18日(土)、J-POP Caféバンコットにて開催された。


高橋秀幸が定期開催しているファンミーティング「たかぱす感謝祭」。4回目の開催となる今回は、この日ならではの様々なサプライズ企画が登場。高橋秀幸がメインMCを担当、アシスタントに声優の沖佳苗を迎え定期放送中の番組「ヒデはフルスロットル!?」の初となる公開収録ではカバー楽曲やコスプレを披露。さらに、ゲストを招いたコラボ楽曲の登場や転換時には高橋が瓦割りを披露する動画の放映など、常にファンの心を嬉しく擽るエンターテイメントを提供した。その熱狂の模様をここにお伝えしよう。

takapasu04_04

老若男女問わず広い層から支持される高橋。この日のイベントにも多数のファンが訪れ、高橋の登場を今か今かと待ちわびていた。開場時間になると、柔らかなBGMと共に『キッズ劇場‼』卒業までの思い出を振り返った映像が流れだした。その映像には高橋の笑顔と涙、そして番組への強い愛情と自身の成長が描かれていた。終盤には、「みんなありがとう!」「まだ始まってないけれど、色々な意味で生誕祭なんです」とのコメントが表示される。この日は高橋の誕生日をお祝いする日でもあり、『キッズ劇場‼』卒業を機に歩み出す、新生高橋の決意を表明する日でもあるのだろうか。そんな期待に胸ふくらませていると、幕が開かれ高橋が登場。

冒頭を飾ったのは、高橋のライブではお馴染「炎神戦隊ゴーオンジャー」の主題歌である『炎神戦隊ゴーオンジャー』。乗っけからエンジン全開のスタートをきった高橋は、曲終わりに「一つ業務連絡です。水を零しました」とストップをかけた。ファンから”あ~あ~”と茶化す声が上がると、「俺、毎回”あ~あ~”って声を聴いてる気がする。そんなこと言われるアーティスト他にいる!?」と絶妙な表情を浮かべ答える高橋。そんなファンとの距離がいい意味で近く親しみを感じられるのも「たかぱす感謝祭」の魅力の一つだ。そんな和気藹々とした空気の中切り出したのは、「天神戦隊ゴセイジャー」の主題歌である『ガッチャ☆ゴセイジャー』。大きく手振りを付け全身で歌う高橋の熱い姿にオーディエンスからは、高橋との「元気の交流会」なる一糸乱れぬコール&レスポンスが起こった。

2曲続けて戦隊ソングで送ると、童謡をJPOP化したオリジナルソング『farewell song -むすんで ひらいて 花は咲く-』へ。不安や迷いを抱えた人の背中をそっと包むように、甘く重低音が響く中、凛とした歌声でエールを送った。ここで、前回の「たかぱす感謝祭」で掛け声を録音した『Let’s Go たかHappy☆』の完成版を初披露。高橋流のパーティーチューンに乗せ「た・か・ぱ・す」を用いてのコール&スポンスも登場。それに合わせた振付を行うはずが、まさかのど忘れ。あえて振付を忘れたふりをしてお客さんが参加するところを作ったと主張する高橋は「これがプロフェッショナルです」と発言すると会場内に笑いを誘った。

takapasu04_10

今回の「たかぱす感謝祭」は変則的な展開。なんと、ライブの最中に、YouTubeで公開しているネット番組『ヒデはフルスロットル!?』の初となる公開収録を行った。高橋がドラゴンボールの孫悟空、番組アシスタントの沖佳苗がるろうに剣心、バイオリニスト益子侑がアリエルに仮装し登場すると、「第一回ヒデフルコスプレチャンピオン決定戦」を開催。さらに、「BANG BANGカバー」のコーナーでは、影山ヒロノブの『CHA-LA HEAD-CHA-LA』や、高橋と沖のデュエットによる馬渡松子の『デイドリームジェネレーション』を披露。この模様は後日、YouTubeにupされるので是非ともチェックしてほしい。

takapasu04_09

後半戦では、ギタリストの田崎慎也(ex-Rey)とのコラボ楽曲『Cherry on the Run! feat.田崎慎也』を初披露。「りんごのひとりごと」という青森の童謡を、高橋の出身である山形の特産品であるさくらんぼに変え、ヘビィメタルテイストにアレンジ。どこか哀愁漂う高橋の歌声に、切なさを纏ったギターサウンドが激しく絡み合った。続けて、「特命戦隊ゴーバスターズ」主題歌である『バスターズ レディーゴー』を田崎のギターに乗せた、この日だからこそ実現したスペシャルバージョンで披露。2人のボルテージが上昇するとともに、ヒートアップした客席からは”オイ!オイ!”と声や拳が打ち付けられた。「また、2人で何かやろう!!」と固く手を握り合い、契りを結ぶと田崎が退場し、再び高橋のオンステージへ。2008年東北でのイベント用に作ったコンピレーション盤に収録されている『NEXT』を告げると、客席からはレアな楽曲の登場に歓喜の声が上がった。それに答えるように、客席に居る1人1人の目を見てにこやかな表情を浮かべそっと歌うと、心を通わせる高橋。

「次の曲でラスト……じゃ、ありませんでした‼」とある種素敵なサプライズを起こすと、その勢いのまま「海賊戦隊ゴーカイジャー」の楽曲である『鋼の心ゴーカイシルバー』へ。ハードなサウンドに触発されたように拳が天高く打ち付けられ、サビではくるくるとタオルが宙を舞った。本編ラストを飾ったのは「探検ドリランド」の主題歌である『Go ahead!』。高橋のこれから頑張ろうというストレートなメッセージが描かれた楽曲が真っ直ぐに胸を射抜く。途中、高橋が客席へと降り立ち、ファンの声をダイレクトに拾う場面も。

オーディエンスの呼びかけに答える形で迎えたアンコールでは、「特命戦隊ゴーバスターズ」の主題歌である『モーフィン!ムービン!バスターズシップ!』を披露。オーディエンスとの合唱やコール&レスポンスなど最後の最後まで手を抜くなんてありえない!全身全霊フルスロットルで臨んだ。ラストは「探検ドリランド」のカップリングソングである『NEVER ENDING HERO』。煌めき溢れるメロディーに合わせゆっくりと大きく手を振り会場が一体化。暖かな笑みを浮かべるファンの姿に、「たかぱす感謝祭」で築かれたファンとの絆がしっかりと目に取れた。最後はマイクを通さずに肉声で「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えると、「たかぱす感謝祭」の幕は閉じた。

takapasu04_05

<Text/河内香奈子>

●オフィシャルサイト
http://www.globe-eb.com/artists_Takahashi.html
●登録無料!公式ファンサイト「たかぱすファミリー!」
http://globe-eb.com/takahashi/
●web型番組「ヒデはフルスロットル!?」絶賛配信中
http://globe-eb.com/takahashi/hide-full-throttle/
●オフィシャルブログ「Let’s Get たかHappy!」
http://blog.excite.co.jp/takapath/