「ちーむどらむすこ」が贈るドタバタラブコメディ『進め!闇魔法結社-ダークジョーカー-』 ストームナイト/天月優役・鈴木達央 インタビュー

By saeki, 2014年9月9日


人気声優を多数起用したゲームを数多くリリースする「ちーむどらむすこ」の最新作が登場!
『進め!闇魔法結社-ダークジョーカー-』は、普段はヒーロー「ストームナイト」として活躍する天月優と、それに敵対する「闇魔法結社・ダークジョーカー」に密かに所属するセラ・ミィが一つ屋根の下に暮らすという、ドキドキの三角関係を描いたラブコメディだ。今回は優役を務められた鈴木達央さんにお話を伺いました!

―本日の収録の感想をお願いします。

鈴木達央さん(以下、鈴木):とても楽しく演じさせていただきました。

―キャラクターの設定画を最初にご覧になった感想は?

鈴木:年齢以上に若く見えるので、意味でデフォルメできたらいいな、と思いました。また、変身後は普段と差を出していければ、と思っていましたので、そこは意識しました。
後は今までに、こんなに高い声で演技をしたことがあまりなかったので、幼さを出すために舌っ足らずな部分を出してみました。逆に変身した後は、往年のヒーローのお家芸とも言える演技を参考にさせていただいたりしましたね。

―セラとミィ、彼女にするなら、もしくは嫁にするなら?

鈴木:セラはぶっ飛んだところがあるので(笑)、彼女として付き合うのなら楽しいかな、と思います。逆に、追々一緒に生きていくならしっかりした部分のあるミィでしょうかね。

―物語と同じようなシチュエーションになった場合、彼女たちと本気で戦えますか?

鈴木:こういうシチュエーションはよく考えるのですが、最近自分にとっていい方法を見つけたんです。それは「その場から逃げ出す」ということです(笑)。

―なるほど(笑)。ではもし続編があるとしたら、どんな物語を見たいですか?

鈴木:今回はセラとの絡みが若干多かったかな、という感じがしたので、今度はミィとのエピソードが見てみたいです。どちらにしろ優は翻弄されると思いますが(笑)。

―最後に、ファンの皆さんに一言お願いします。

鈴木:優くんとして、ストームライダーとして街を守るために頑張っています。彼女たちに翻弄される姿にも楽しみながら遊んでいただけましたら幸いです。

<インタビュー/櫻井なる・Text/ダンディ佐伯>

【ゲーム概要】
genga
『進め!闇魔法結社-ダークジョーカー-』
全国『とらのあな』にて好評発売中!

http://www.toranoana.jp/

<キャスト>
プリンセス・ジョーカー/セラ:田村ゆかり
キュート・ジョーカー/ミィ:斎藤千和
ストームナイト/天月優:鈴木達央
ほか

●作品紹介ページ
http://www.doramusuco.com/darkjoker/