【プレゼントあり】久々リリースのミニアルバムはバラエティに富んだ1枚! 『A-エース-』をリリースする雪乃 インタビュー

By saeki, 2014年6月13日


TVアニメ『幕末義人伝 浪漫』OPテーマ「RanTiki」で一躍話題となった雪乃が約1年3ヶ月ぶりにミニアルバムをリリース! 今回も浅野尚志氏を中心に、若手作家陣が最高の楽曲を提供。ますます磨きがかかる雪乃の歌声にも注目だ。



―久々のリリースとなりますが、今回のCDについて簡単にご説明いただけますか?

雪乃さん(以下、雪乃):今回は「陰」と「陽」の「陽」の部分を強く出していこう、というコンセプトで、全体的にポップな感じになっています。一言で「ポップ」といいましても、その中にフュージョンっぽさやアップテンポな部分など色々と詰め込まれていて、純粋なJ-POPが好きな方でも楽しめますし、インストが好きな人も楽しんでいただけるような曲がたくさんありますので、曲数の割に、とても充実した内容になっていると思います。


―1stアルバムの『VOCALIZE』にも、バラエティに富んだ楽曲が詰め込まれていましたが、今回はそれをさらに凝縮したような感じでしょうか?

雪乃:そうですね。今回もスタッフさんたちと一緒に、たくさんの曲から熟考して選ばせていただきました。そんな中から選ばれた6曲なのですが、そこからはすんなりといきました。曲順もほとんど悩まなかったですし。「曲数を絞った段階で、もう既に決まっていたのかな」と思えるようでした。


―今回お蔵入りになった曲で、印象深かったものはありますか?

雪乃:印象に残っている曲は全部CDに入れちゃいました(笑)! でも、入れたかったけれどごめんなさいしてしまった曲はいくつかありました。いつか披露できる日を信じて、ストックしておきたいと思います。でも、そういう曲があるのって、今後の歌手活動に向けて心にも余裕ができて、とてもありがたいことです。


―クリエイター陣では、今回も浅野尚志さんが大活躍されていますが、制作においてなにか話し合われたことなどありますか?

雪乃:歌詞の部分でちょっとお話をさせていただいたくらいですね。あとはもう彼にほぼお任せの状態でした(笑)。浅野さんが持ってきてくださる曲は、もう完成してしまっているんです。本当にすごい人です!


―ちなみに『A-エース-』というタイトルの由来は?

雪乃:先ほど少し話しましたが、まずは「陰」と「陽」が対をなす、というイメージで付けさせていただいたのが一つと、私は昔から「支える」ポジションが好きでして。リーダーよりもそれを支える副リーダーだったり、ライブでもヴォーカルとしてセンターに立つという意識よりも「ここはこの人に目立って欲しい」、という裏方的な気持ちが働いていたんですね。
でも、それじゃあダメで。

やっぱりヴォーカルらしく、みんなの前に立って「私についてきて!」という「エース」のような気持ちを持ってやっていかなくてはならないと思ったんです。そういう決意表明もこのタイトルには込められています。


―なるほど。深いですね。では楽曲の紹介をお願いします。まずは『A-エース-』から。

雪乃:私、先ほど「あまり目立ちたくない」と言っていましたが、「RanTiki」をはじめ、これまでのアルバムやシングルでガッツリと前に行くタイプの曲ばっかり選んでいるなと(笑)。
それにしても、浅野さんは良く分かっているな、と思いましたね。自分の今までの音楽に対しての愛情をうまく歌にしてくださっているな、と。


―続いて「Betty」です。

雪乃:こちらは私の私生活がとてもよく表現されています。浅野さん、もしかして私のプライベートを覗き見しているんじゃないか? と思うくらいに(笑)。オンとオフをきれいに表していますね。
また、歌詞の中に出てくる「蝶」という表現がとても好きなんです。
今回の6曲の中では一番のお気に入りです! 実はミュージシャンの方が色々なバージョンを録ってくれたのですが、その中で「最後にみんなではっちゃけよう!」と言って録った「オマケ」的なテイクが採用されたんです。


―次に「恋しくて」です。

雪乃:最初は壮大なバラードのような曲調だったのですが、昔からお付き合いのある佐々木聡作さんに「雪乃っぽくアレンジしてくださいますか?」とお願いしたら、鳥肌が立ってしまうようなアレンジが施されて返ってきまして。新しいんだけど懐かしい、洋楽のようでアジアンな感じで、とても感動しました。

また、夏が舞台の曲なのですが、今まで夏のラブソングって歌ってきたことがなかったんですね。しかも失恋ソングということで、冬は周りの情景が感傷的にしてくれますが、夏はそういう要素がないじゃないですか。周りにいる人々はレジャーに浮かれているような。ですから「本当にどん底のシチュエーションなんだな」と思いながら歌いました。


―そして、恒例の洋楽カバーですが、今回はテンプテーションズの「MyGirl」です。選ばれた理由は?

雪乃:スタッフから「候補曲をいくつか持ってきて」と言われまして、まさかこの曲が選ばれるとは思わなかったんですね。

私、1959年にアメリカで産声をあげたレコードレーベルの「モータウン」が大好きなんです、今聴いても全然古臭くなくて。いつまでも語り継がれる名曲というのは、色々な奇跡が折り重なって「名曲」と呼ばれるようになったと思うんです。ですから、私は「オリジナルを上回りたい」という気持ちではなく、「この曲を聴いて、オリジナルがいかに素晴らしいかを確認して欲しい」というリスペクトの気持ちで歌っています。


―続いて「Driveway」です。

雪乃:シチュエーションとしては、渋滞中の道路で助手席にいる私が、運転手の彼に「黙ってタバコを吸うのもいいけど、私も見てよ」という、複雑な乙女心を歌っています。ブラスもとても楽しく入れていただいて、最後のスキャットの部分も、ヘタすると歌のメロよりも先に覚えちゃって「まずは歌のほうから覚えてね」と冗談交じりに言われてしまったくらいです(笑)。

でも、楽しいことばかりでなく、私の苦手な音階があり、とても悔しい思いをしました。「雪乃、なんでできないんだ!」と葛藤しましたね。


―最後は「恋はやめられない」です。

雪乃:曲の中の主人公は「叶わない恋をしている」、というのを分かっているんです。でも、「あなたのことが好きだということを、なんで分かってもらえないんだろう?」と思いつつも、見ているだけで幸せな自分がいる。だから「恋はやめられない」んだな……という気持ちになる、そんな切ない曲です。
実はこの曲が一番早くレコーディングを終えられたんです。浅野さんも「バッチリだったよ!」とおっしゃってくださって。


―まさに浅野さんとのツーカーぶりが伺えるような楽曲になりましたね。

雪乃:はい! でも浅野さんは本当にすごいんです。私が「自分、ちょっとうまく歌えたかな?」と思ってしまう自信を毎回「パーン!」とへし折ってくれると言いますか(笑)。毎回課題を出してくださる、雪乃サウンドにはなくてはならない存在です!



―そして7月10日には六本木のmorph-tokyoでレコ発&Birthday LIVEも行われます。

雪乃:今は楽しい気持ちをためていくという準備に余念がありません! 周りの友人たちも「ワンマンライブ、絶対行くよ!」と言ってくれてますし、第一線で活躍されている方々も二つ返事で「出るよ!」とおっしゃってくださっていますし。一番うれしかったのは、「RanTiki」でブラスを担当してくださったFIRE HORNSさんが出てくださることですね。
ライブ栄えする曲も多いですし、バンドメンバーもすごく仲良しですし、楽しくならないはずがないと思いますので、是非いらしてください。『A-エース-』が産声をあげますよ!

yukino_2ndmini_02

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【CD概要】
『A-エース-』
2014年6月18日(水)発売


品番:COCP-38609
1600円+税

【プレゼント】
雪乃さんの直筆サイン色紙を1名の方にプレゼント!
ご希望の方は、「エース」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2014年7月15日(火)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)