5年間の全てを詰め込んだライブが開催! 「流田Project 結成5周年記念ワンマンライブ」

By saeki, 2014年5月15日


数々のアニソンをカバーし人気を博し、2013年に満を持してメジャーデビューを果たした流田Projectの結成5周年記念ライブが2014年5月10日(土)、東京・新宿BLAZEで行われた。

ライブは初のオリジナルシングル「未来聖闘士Ω~セイントエボリューション」からスタート。のっけからイヤモニが取れるというアクシデントにも、流田は「トラブルのおかげで緊張が取れました!」と場内を笑わせ、意に介さない様子。

クラップがあがる中で中で「Re-sublimity」、さらにオーディエンスにジャンプを促しつつ、彼らのデビューのきっかけとなった、TVアニメ『けいおん!』のEDテーマ「Don’t Say“lazy”」を披露した。さらに、第1話のオンエア後すぐに近くの貸しスタジオに向かい、速攻でカバーしネットでニュースになったという、『けいおん!!』EDテーマ「Listen!!」、そして彼らの1stオリジナルアルバムの表題曲「fake」と続く。TVアニメ『侵略☆イカ娘』OPテーマ「侵略ノススメ☆」では、メンバーの「いじられキャラ」穴澤がイカ娘のコスプレで登場。「演奏の邪魔をするなや!」との声に負けじと(?)、ギターを手にステージ上を所狭しと動き回る。

4月よりオンエア中のTVアニメ『ドラゴンコレクション』主題歌「ドラゴンコレクション~勇気のツバサ~」、そして同挿入歌「ぶっちぎりファンタスティック」と新曲2曲を立て続けに披露。MCでは本作でアフレコ体験をしたエピソードを披露。流田いわく「自由にアドリブを入れていい部分があったので、流田Projectの宣伝をいっぱいしてきました!」とのこと。オンエアはまだ先とのことだが、こちらも楽しみだ。

なお、ネットで出題されていた「ドラゴンコレクション~勇気のツバサ~」のMusic Videoの間違い探しだが、正解はなんと「穴澤が1秒たりとも出演していない」! 本人は出たかったそうだが、体調不良のため、あえなくマネージャーが代打で出演する羽目に……。熱心なファンならその所作ですぐにお分かりいただけたであろう。

また、MCの途中には穴澤のニセモノも登場。同じ仮面で同じような体型に、メンバーも困惑。しかし、そのギターパフォーマンスで無事に本物が判明し、一安心。しかし、ギャラリーの中にも第3の穴澤(本名:小林君)が! 急遽ステージ上でギターを弾くことになるというプチハプニングも(笑)。ともあれ、彼にとっては忘れられないライブになったに違いない。

nagareda5th_03

ライブも中盤戦に突入。アコースティックギターに持ち替えた流田。「元々アコギの曲も好きなんです」と披露したのはTVアニメ『狼と香辛料』のOPテーマ「旅の途中」。優しい音色が場内を支配した。
途中、メンバー紹介では客席からの声援の大きさで穴澤と桃山の人気の差を再認識したり(笑)、流田の「みんなどこから来たの?」という問いに、われ先にと答えようとする客席に対して、栗川が「みんな、うるさい!」と普段見せないような声を上げたりと、楽しい掛け合いが行われた。

ライブのクライマックスは「GO!GO!選挙」「GO!GO!ライブ」とコール&レスポンスを楽しみながら、「これまでたくさんの大好きなアニソンをカバーさせていただきましたが、最後はやっぱり自分たちの曲で飾りたい」と「愛しき日々」を熱唱。魂のこもったパフォーマンスに、場内も酔いしれていた。

迎えたアンコールではTシャツ姿のメンバーが登場。穴澤に対し流田から「これから6年目を迎えるわけだし、今日から正式なメンバーにしましょう!」と、晴れて正式メンバーに認められ、場内からも拍手が! 
さらに流田から「この日のために作ってきた新曲を演奏します!」とうれしい一言が
! 簡単なコール&レスポンスの練習をした後、その「青春エブリデイ」を披露。「この曲は、これからみんなで育てていきたいと思いますので、よろしく!」と宣言した。

MCでは5周年記念ライブということで、結成当時の自分に向けてのメッセージが4人からそれぞれ発表された。

桃山「大好きな『新世紀エヴァンゲリオン』を手がけた貞本義行さんにドイツで出会えたことが印象に残っています。喜びのあまり気絶しそうになったので、貞本さんにお会いできることを事前に伝えて免疫を作っておきたいです!」

栗川「自分がつけている仮面ですが、実は途中でデザインが変わったんです。でも目の部分の大きさが変わっていないので『最初から目の穴を大きくしておいたほうがいいぞ』と伝えたいです(笑)」

穴澤「Music Videoの撮影でスカイダイビングをすることになるけど、ちゃんと生きているから大丈夫!」

流田からは「これからも少しずつ夢に向かって歩んでいきたいと思います」と決意を新たにし、場内からは拍手が上がった。

ステージ最後を締めくくるのは、こちらも彼らにとっては大事なsupercellの「君の知らない物語」。集まったファンも流田からマイクを向けられると心得たように、アカペラで大合唱した。

「曲を作るときは、常にライブのステージからの光景をイメージしています。集まってくれるみんなも曲の一部になっています。これからも『武道館でワンマンライブ』を夢に、頑張ります!」と宣言した彼ら。大成功に終わった今回の記念ライブも糧にして、少しずつ、しかし確実に夢に向かって近づいていくことだろう。

nagareda5th_99

【ライブ後のメンバーコメント】

<流田コメント>
みんなの歌声に魂が宿っていた。
昨日の5周年ライブは忘れられない夜になりました。
まだまだ5年だけどそれでも沢山の想いとともに駆け抜けて来たので
それらを音に乗せてみんなと一体になるのはすごく気持ちいい時間でした。みんなには本当に感謝でいっぱいだしこれからももっと楽しいことを提供していきたい。大きな目標に向かって6年目からの流田Projectはさらに気合い入れて行きます!!

<穴澤コメント>
もう5年か~早いな~
でもいろんな経験したな~
僕が生きてきた中でこの5年はほんとに濃い5年やったなと思います。
この5年のことを思い返しながら、そして、たくさんの最高なファンのみんなに囲まれながら最高に幸せな5周年ワンマンライブを送ることができました。
みんなほんとにほんとにありがとう!! これからもぶっちぎりでがんばっていくのでよろしくね! ついてこいよ~!!

<桃山コメント>
ライブ当日をむかえるまでも流田Projectの活動5年間を思い返しながら生活してきました! そして、ライブ当日は、思いをぶつけられた激熱いライブになりました!集まってくれたみんなの想いもビシビシ伝わりました!
6年目の流田Projectもさらに熱い活動を繰り広げられる様に! ガチで勝利つかむ為に! ガッツでがんばって行きます!!

<栗川コメント>
ワンマンライブとしては過去最高のキャパだったのでドキドキしてましたが、5周年を祝ってくれるみんなの熱気ですごく一体感があるステージやったなと思います。ステージ花道も特設で作ってて僕も出たかったです(笑)。
ドラムの位置って会場全体見渡せるんで、みんなの楽しんでる姿が幸せの光景でした。もちろん僕もめちゃくちゃ楽しかったです。6年目も更に頑張っていきます!

<セットリスト>
01.未来聖闘士Ω~セイントエボリューション
02.Re-sublimity
03.only my railgun
04.Don’t Say“lazy”
05.departure
06.メルト
07.Listen!!
08.fake
09.侵略ノススメ☆
10.ドラゴンコレクション~勇気のツバサ~
11.ぶっちぎりファンタスティック
12.旅の途中
13.No buts!!
14.GO!GO!選挙
15.紅蓮の弓矢
16.GO!GO!ライブ
17.夢、走り出す
18.愛しき日々

<アンコール>
01.青春エブリデイ
02.君の知らない物語

<Text/ダンディ佐伯>

●流田Project公式サイト
http://nagaredap.jp/