nano.RIPEのライブツアー『ハナアカリ』東京公演が開催。急病で大阪公演を休んだきみコさんからファンに感謝の言葉も。

By saeki, 2014年3月26日


3月16日に東京・恵比寿のライブハウス“恵比寿 LIQUIDROOM”で、nano.RIPEのライブツアー『nano.RIPE LIVE TOUR 2014「ハナアカリ」』の東京公演が開催された。

スタートソングは最新アルバム「涙の落ちる速度」の一曲目として収録されている「ウェンディ」。ボーカル&ギターのきみコによるパワフルな歌声とバンドメンバーたちによる心躍る演奏に、会場を埋め尽くしたファンのボルテージは早くも急上昇!

 TVアニメ『のんのんびより』のOP主題歌「なないろびより」まで続けざまに3曲を披露したきみコは、「『ハナアカリ』へようこそ。日本で一番早いお花見かなと思います。どうか最後まで楽しんでいってください!」と笑顔で挨拶。
その熱気と勢いを維持したまま「呼吸」「プラネタリウム」に加えてTVアニメ『はたらく魔王さま!』のEDテーマである「月花」など、アルバム収録曲を次々に歌い上げていく。

 ライブ中盤にはアルバム『涙の落ちる速度』の初回限定版AにアコースティックコレクションCD『ミズタマリ』が同梱されたのをうけて、アコースティック・コーナーも用意。
「アコースティックは滅多にライブハウスでやることはないんですが、せっかくなので。ゆったり聴いてもらったら嬉しいです」との語るきみコの言葉通りに、いつもと違う雰囲気で奏でられるアコースティックバージョンの「月影とブランコ」「バーチャルボーイ」、そして劇場版『花咲くいろは HOME SWEET HOME』の主題歌である「影踏み」に、ファンは手拍子を贈りつつじっくりと聴き入っているようだった。

そんなアコースティック・コーナーが終わったらまたあの熱いステージが戻ってくることに。きみコからの「完全にスイッチを切り替えてください」宣言に続いて、「15秒」「ツマッビクヒトリ」といったアッパー系の曲が次々に登場。ステージでギターをかき鳴らしつつ元気いっぱいに曲を歌い上げるきみコやメンバーのパフォーマンスに会場の空気は高まるばかりとなっていった。

 曲の合間のMCでは、きみコは自身のインフルエンザで延期されたライブツアー『ハナアカリ』の初日になるはずだった3月8日の大阪公演について言及。「待ちに待ちました、そして待ちに待たせました」と謝罪を口にしつつ、「ホントに悔しいばっかりでした。でも、待っていてくれてありがとうございます」とファンに向けて感謝の想いをコメントした。

そんな大阪でのライブだが振り替え公演4月19日に決定。早期の振り替え公演を実現させたスタッフにこちらも感謝の気持ちを伝えつつも「きみコ完全復活したぞ。そしてnano.RIPEはこんだけのライブが出来るんだぞということを、今日はスタッフに見せつけてやりたい」と強気に一言述べると、間奏のコール&レスポンスで観客と大盛り上がりしながら「タキオン」、そして「きせつの町」を熱唱してくれた。

ライブもクライマックス。TVアニメ『花咲くいろは』のOPテーマである「面影ワープ」を会場全員で大合唱したほか、TVアニメ『人類は衰退しました』のOPテーマ「リアルワールド」で一斉にタオルを頭上で回しまくったりと、ライブの興奮もついに最高潮に。最後にきみコからファンをはじめとした多くの人たちへの「ありがとう」の想いを込めた「ハロー」に会場は感動に包まれた。

アンコールではきみコが「病み上がりだからって舐めんなー! こんなもんじゃ終われねーぞ!!」と絶叫が。その熱い叫びとともに歌われた「ノクチルカ」に観客は大興奮となっていた。
さらに「ユートピア」に続いてWアンコールで歌ったのはnano.RIPEの代表曲であるTVアニメ『花咲くいろは』のOPテーマ「ハナノイロ」。インフルエンザで大阪公演を順延させたことに落ち込んでいた自分を励ましてくれたのはこの曲だったと語るきみコ。「自分の歌に励まされるなんて夢にも思っていませんでしたし、みんなはこんな風に私の歌を聴いてくれているのかなと言うことに気付くことができました」とのコメントに会場からは温かい拍手がわきおこっていた。
そんなきみコの「いつもなら一緒に歌おうよというところですけど、“私に”歌ってくれたら嬉しいです」との言葉を受けて、会場のファンがひとつになって「ハナノイロ」を大合唱。きみコもマイクを手に一緒になって歌いながら、自分を励ましてくれるたくさんのファンによる大きな歌声を聴きながら感無量といった表情を浮かべていた。

最後に「大事な約束を一つ破ってしまったけども、それでも約束させてください。また、必ず合いましょう。本当にどうもありがとう!」とファンに向けて誓いの言葉を語り、全23曲2時間半駆け抜けたライブは興奮と感動のうちに終了となった。

<Text/川畑 剛>

●nano.RIPE 公式サイト
http://www.nanoripe.com/