「ミュージカル『忍たま乱太郎』第5弾~新たなる敵!~」ゲネプロレポート

By saeki, 2014年1月10日


2010年にスタートしたミュージカル「忍たま乱太郎」もいよいよ5年目に突入。第5弾の「ミュージカル『忍たま乱太郎』第5弾~新たなる敵!~」が、1月8日(水)、東京・池袋のサンシャイン劇場にて公演初日を迎えた。

『忍たま乱太郎』は尼子騒兵衛の原作『落第忍者乱太郎』をもとに、1993年にアニメ化が、そして1996年には劇場版アニメが公開され、そして2010年のミュージカル化と、そのどれもが子供から大人まで人気を博している作品だ。
そんな『忍たま乱太郎』のミュージカル第5弾は、8日(水)から24日(金)までの15日間、全21公演に渡って東京・池袋のサンシャイン劇場にて上演されている。5周年目となる本公演の公演期間中の15日(水)には、累計観客動員数10万人に達する見込みで、ますます注目が集まる公演となりそうだ。

そんなミュージカル『忍たま乱太郎』の第5弾となる「新たなる敵!」は、忍術学園四年生・六年生を中心に、一年生の乱太郎、きり丸、 しんべヱら忍たまたちと忍術学園教師が絡んで物語が進んでいく。
四年生と六年生が仲たがいしてしまうところからスタートする物語。
ドクタケ忍者隊を一蹴した四年生に、六年生はなぜか渋い顔。六年生には六年生なりの考えがあってのことだが、活躍を認めてもらえない四年生たちは面白いはずもなく、ある日、四年生たちが行方不明になってしまう。
探索に出る先生や六年生たち。自分たちを探してくれていると露知らず、妖しい人物にスカウトされる四年生。そんな中、ドクタケ忍者の恐るべき忍術学園排除計画が発覚する……。

約2時間の本公演では、六年生たちの初登場衣装が初披露されたり、楽曲がこれまでよりも多くなっていたり、そして四年生のアクションシーンも大幅に増加されているとのことで、新たな驚きを提供してくれそうだ。

現実には難しいと思われるキャラクターたちの再現など、観客を圧倒してきたミュージカル『忍たま乱太郎』シリーズ。
四年生と六年生は仲直りすることが出来るのか、忍たまたちは忍術学園を守ることが出来るのか。
新キャストを加えて紡がれる新しい「ミュージカル『忍たま乱太郎』第5弾~新たなる敵!~」はサンシャイン劇場にて絶賛上演中!

<Text・Photo/内田 希>

【公演概要】
ミュージカル「忍たま乱太郎」第5弾~新たなる敵!~
公演期間:2014年1月8日(水)~1月24日(金)

15日間/全21公演
※1月14日(火)、1月21日(火)は休演日

【東京】サンシャイン劇場(池袋)
チケット料金:6300円(チケット本体税込価格)

●公式サイト
http://www.musical-nintama.com

(C)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会