大亀あすかさんがゲストで登場!『ニコニコ声優グランプリ生放送!』第3回レポ&終了後インタビュー

By saeki, 2013年9月4日


声優雑誌『月刊声優グランプリ』によるニコニコ生放送「ニコニコ声優グランプリ生放送!」の第3回目が8月9日に配信。番組ナビゲーターの内田彩さんとゲストの大亀あすかさんに感想などを聞いた。

『ニコニコ声優グランプリ生放送!』は月刊声優グランプリ編集部がお届けする、声優・アニメファンのための番組。ナビゲーターに内田彩さんを迎え、最新号の見どころを紹介するほか、番組顧問の広島編集長も(声のみ)登場。普段は聞くことができない編集部の制作秘話なども聞ける番組となっている。放送は毎月第2金曜日の21~22時の1時間。視聴にはニコニコ動画のアカウントは必要だが、無料放送となっている(タイムシフト予約(視聴)はチャンネル有料会員のみ)。

今回は番組初のゲストとして大亀あすかさんが登場した。冒頭では9月号の表紙を飾った『Free!』のキャスト陣のポーズで番組がスタート。

内田さんと大亀さんは3年前にラジオ番組のレギュラーで一緒になったことがあり、しかもこの番組とスタジオが同じというエピソードを披露。終始フリーダムな感じで番組が進行していった。
前回、内田さんに何かの衣装を着てほしいというアンケートハガキが1000通集まったら実現する(かも?)という企画に触れ、ニコ生のユーザーコメントは、見たい衣装が水着という意見に集中。イベントで一緒だったこともある大亀さんいわく「うっちーはスタイルがいい」という貴重な証言も飛び出し、今後のアンケートハガキの集まり具合と、どういう衣装になるのかが気になるところだ。

特定のキャラクター設定になりきってセリフを読む「あやつり女優」では、大亀さんとの対決コーナーに。最初のなりきり役「酔っ払いお姉さん」は、内田さんが普通に焼き鳥を頼むお姉さんだったのに対し、大亀さんは「ぶるぁああ」と、どこかで聞いたことのあるような声真似を披露し勝利(笑)。
また次の「ラジオ体操風のお姉さん」では、動画番組らしく体操をしならがらのセリフ披露で内田さんのが勝利。そして最終決戦は「ツンデレおばあちゃん」という難題に挑み、内田さんが勝利した。
トータルで負けてしまった大亀さんは、罰ゲームとして番組の最後で小学生になりきってラジオ体操を披露。このときのコメントは大いに盛り上がっていたのは言うまでもない(笑)。

『声優グランプリ』本誌を紹介するコーナーでは、なんと諸事情により広島編集長がお休みだったため、内田さんと大亀さんが特集案を考えることに。ただ、コメントがもう鉄板であるかのように「水着」が乱舞する状況に。運動会やパジャマパーティ、女子会や旅行なども案として挙がったが、実際にアンケートをとってみると「温泉」に意見が集中していた。

2013年9月号は『Free!』のキャストが勢揃いした14ページ大特集のほか、「へあちぇん!」には大久保瑠美さんが登場。和服姿に2パターンの髪型が注目ポイントとのこと。
そしてあまりに予約段階での問い合わせが多かったことから、月刊雑誌では異例の重版が決定している。なお、10月号は小倉唯さんと石原夏織さんによるユニット「ゆいかおり」特集のほか、「へあちぇん!」には三上枝織さん登場する。

―3回目で初ゲストの大亀さんを迎えました。

内田彩さん(以下、内田)::今回は初ゲストに亀ちゃんがきていただきました。亀ちゃんは以前も声優グランプりさんの番組に出ていましたので、とても安心感があって心強かったです。番組が始まる直前まであわわとなるぐらいドタバタしていたのですけど、亀ちゃんに「うっちーだから、いつもこんな感じなんでしょ」と思われていたのが、申し訳ない感じです。
普通にお話をしている感じでできたので、なごやかな空気で進行も忘れるぐらい自由にできました。ただ、亀ちゃんが自由すぎて「(大亀さんの)マネージャーさん、注意してよー」と思うことろもありましたが、あれは演出です(笑)。

今回は(放送時点では)『声優グランプリ』の発売前だったので、あまり中身についてお話できませんでしたけども、予約段階で重版が決まるというのはすごいと思います。今回も表紙のポーズを真似しましたが、ファンのみなさんは怒らないでほしいなと(笑)。亀ちゃんと男性のかっこいいポーズはかなり話し合って研究しました。

―かっこいい男の人のポーズやしぐさを真似たりすることはありましたか?

内田:いや、ないですね。男の子役をやったときはいとこの子を観察したことはありますけど、それはもう少年というぐらい小さい男の子だったので。そもそも男性の方とは体のラインが違うので、かっこいいポーズを見るといいなって思います。番組でも少しお話しましたけど、ジャージをさらっと羽織っただけでも似合う方って、スポーツマンらしくていいなと思います。

―表紙が『Free!』ということにかけて水泳の話題をしたいと思いますが、内田さんは泳いだりすることはありますか。

内田:泳げます。でも、フリースタイルといいますか、平泳ぎと犬かきを混ぜたような泳ぎ方なら…(笑)。昔から水が好きなんです。ちっちゃい子って水場が好きじゃないですか。わたしもちっちゃいときはそうでした。近くの森林公園の噴水とかに突っ込んでいっては、転んでびしょびしょになって怒られたという思い出が結構あります。

親から注意されても池や川に入りたがってて、さらにプールの授業の時にはなにがなんでも泳ぐというぐらいでした。ただ、中学生ぐらいから水着姿で男子と一緒にいることに抵抗感がでてきて、大人になってからはちゃんと泳ぐ機会はないですね。今年は事務所のメンバーと海に行こうという話で盛り上がったのですが、結局予定があわなかったです。

―ほかにも夏といえばお祭りがあります。思い出などはありますか?

内田:今年は行きたいなと思っていたらゲリラ豪雨にあって、お祭り気分は味わえませんでした。事務所の養成所の近くに花園神社があって、声優の緒方恵美さんが同じ事務所にいらっしゃった頃には盆踊りにも参加したので思い出に残ってます。たいていその後はみんなで飲みに行ってました(笑)。

屋台では、最近はいろんなものが売っているじゃないですか。定番のものよりも、そこでしか売ってないものを食べたくなるんです。以前にラーメンバーガーというものを買ったんですけど、あまり食べられなくて……。時間がたつとのびたラーメンみたくなってしまって。面白ろメニューの思い出でした。

―今年はあまり夏らしいことをしてないということですが、8月までになにかやっておきたいことはありますか?

内田:海に行きたいというのは実現せず、バーベキューにも誘われたことはあったんですけど、すでに仕事の予定があって……。本当に何もできてないので、駆け込みでビアガーデンでもいいから行きたいです!(笑)。みんなで暑いといいながらわいわいとできることをしたいです。

―最後に、メッセージをお願いします。

内田:暑い日が続いているので、みなさん体調には気をつけてください。でも今年の夏は一度しかありません。何もしなかったと悲しんだままにならないように、お互いに夏をエンジョイしましょう。

【大亀あすかさん】

―今日の感想とメッセージをお願いします。

大亀あすかさん:これまでも声優グランプリさんの番組に出させていただいたことはあるのですが、うっちーがパーソナリティになってからは初めて参加させていただきました。とってもフリーーーーーダムな番組で、時間も延長するぐらいとても楽しくできました。これからも声優グランプリ、大亀あすかと内田彩をよろしくお願いいたします!

<Text/さとかず・Photo/ダンディ佐伯>