『梶浦由記/FictionJunction』が海外の大型アニメイベントで圧巻パフォーマンスを披露! ロサンゼルスで行われた『Anime Expo 2012』レポート【6月28日】

By saeki, 2012年7月3日


音楽プロデューサーで作詞・作曲家である梶浦由記のソロプロジェクト『梶浦由記/FictionJunction』が、6月29日から7月2日までの4日間、米ロサンゼルスのロサンゼルス・コンべンション・センターで開催されている北米最大級のアニメイベント『Anime Expo 2012』に公式ゲストとして招待され、30日には、5000人の前で、メインイベントとなる2時間にわたるライブを行った。

そして、今年は2003年に公式ゲストとして呼ばれて以来、2回目の出演となる梶浦由記が、公式ゲストとして招待された。
9年前にも招待されたが、その時は、ボーカル、バイオリン、ギターの最小陣容だった。
しかし今回は、「日本でやっている生を現地の方に聞いていただきたい」ということで、「Yuki Kajiura LIVE」ではお馴染みのサポートバンドと歌姫4人を伴っての本格的出演となった。

梶浦は、「大好きな歌い手さん、プレイヤーさんたちと同じステージに立てるライブは、私にとって楽しみであると同時に最大の贅沢でもあります。今回、その贅沢な時間をロサンゼルス『Anime Expo 2012』にて再び持てる事となりました。自慢のメンバーと共に奏でるYuki Kajiura音楽の一時を、ご参加下さる皆様にお楽しみ頂ける事を願ってやみません」と、出発前から喜びと同時に気合が入っていた。

28日(木)に現地に到着した梶浦ら一行は、さっそく、レッドカーペットにトリで登場し、続くオープニングセレモニーでは、喜びのコメント共に、梶浦がダルマに目を入れて、成功を祈願した。


前夜祭となる28日には、NBA『ロサンゼルスレイカーズ』の本拠地であるステイプルズセンターに隣接し、アニフェスのメイン会場である『ロサンゼルス・コンべンション・センター』で、レッドカーペットとオープニングセレモニーが華々しく行われた。

5,000人収容の会場は、出演者の名前がコールされ、レッドカーペットをゲストたちが通るたびに大歓声が上がる。オーナーゲストたちのトリとして、スタンディングの拍手で迎えられる中、梶浦由記と、KAORI、KEIKO、WAKANA、YURIKO KAIDAの歌姫4人。それにバンドメンバーである是永巧一、佐藤強一、高橋“Jr.”知治、今野均、大平佳男ら、総勢10人がレッドカーペットに登場。

梶浦は、「AXスタッフにご招待頂きましてありがとうございました。ずっとこの場所に来るのを楽しみにしていました。ここに集まってくれた皆さん、どうもありがとうございます。
今回一緒に来た彼らはただのコンサートメンバーというだけではありません。大半のレコーディングに参加してるメンバーで彼らと共にいつも音楽を作っています。だから明後日は彼らと共に最高のパフォーマンスをする事を約束します。
是非、皆さんコンサートに来て下さい。お待ちしています。一緒にアニメエキスポを楽しみましょう!!」と、大歓声の中、英語で語りかけるように静かにアピールした。

●梶浦由記の公式&個人サイト「FictionJunction.com」
http://www.fictionjunction.com/
●FlyingDog 公式サイト
http://www.jvcmusic.co.jp/fj/