【プレゼントあり】ハルユキを導くために奮闘中!『アクセル・ワールド』黒雪姫役・三澤紗千香さんインタビュー

By saeki, 2012年4月24日


2012年4月より放送開始されるアニメ『アクセル・ワールド』(川原 礫原作・電撃文庫/刊)。中学2年生ながらも大人びた雰囲気を漂わせる黒雪姫(くろゆきひめ)を演じるのは19歳の三澤紗千香さん。ヒロイン役に抜擢された彼女はいかにして黒雪姫を表現しようとしているのか? パーソナルな部分も語っていただきつつ、お話を伺った。

―まずは声優を目指したきっかけを教えて下さい。

三澤紗千香さん(以下、三澤):中学時代にアニメやマンガ、ゲームに興味を持ち楽しんでいたのですが、ある日友人に坂本真綾さんのアルバムを借りたことがありまして。その時「声優をやられている方が個人で曲を出したりするんだ」と思って、声優さんについて色々と調べましたところ、舞台をやったり、自分で作詞作曲をされたりしている方がいたり、様々な活動をされていることが分かりました。「もしかしたら自分がやりたい分野のことが目指せるかも知れない!」と思ったのがきっかけですね。

―そうして受けた声優オーディションでグランプリとなったわけですが、その時の気持ちは?

三澤:16歳の時に受かったのですが、決まった瞬間はやっぱり信じられなかったですね。「え、一人だけ? 私!?」みたいな感じで(笑)。そこからは「頑張っていこう!」という気持ちになりました。ここから色々なことがやってみたい! と思いました。

―昔から演じることがお好き、とのことですが、学生時代には演劇部などに入られていたのですか?

三澤:私が通っていた学校には、小中高とずっと演劇部がなかったんです(苦笑)。吹奏楽部や合唱部、茶道部などで活動していました。
茶道部ではおもてなしの精神を身につけました。空間の作り方や相手に対する目線、所作で気持ちを表現する方法などを学びまして、今現在の仕事でも活かされているんじゃないかと思っています。

―では『アクセル・ワールド』のお話に移りたいと思います。第二話まで拝見させていただいたのですが、とても先が気になる展開になっていますね。

三澤:そうなんですよね。導入部分が終わり、観ている方に世界観がしっかり伝わったところで「これからどうなっていくんだろう?」とワクワクしていただけると思います。

―では、改めてこの作品の魅力を教えて下さい。

三澤:舞台は西暦2046年という設定なのですが、今現在もどこかの企業で使っているんじゃないかと思えるニューロリンカーという携帯端末があったり、市民の生活を守るべく、いたるところにソーシャルカメラが設置されていたり、私たちが想像しやすい、「あって欲しいな」と思えるような世界観になっています。
またバトルシーンがとてもカッコよく、絵もすごくよく動きますし、そこに役者さんのお芝居が入って、素晴らしい作品です。
登場人物たちが、どのような信念を持って戦っているのかを考えながら観ていただければ、より深く物語を楽しむことができると思います。

―黒雪姫を演じるにあたって気をつけている点はありますか?

三澤:彼女は中学生なのですが、精神年齢がかなり高く、演じる上では自分の中に余裕がなくてはいけないと思っています。慣れないアフレコで緊張はありますが、その紙一重の部分をうまく演じられたら、と思います。

―アフレコを重ねるうちに、演じる上で意識を変えたりしましたか?

三澤:黒雪姫はハルユキを導いていく役ですので、しっかりしたところを見せないと説得力がなくなってしまうんじゃないかと。ですから見た目どおり凛とした女の子を演じていこう、と思っていましたが、アフレコが進むに連れて、中学生らしい部分が出てきたりしていますので、最近は同級生と話しているような感覚も意識しながら演技をしています。

―三澤さんから見て、主人公のハルユキはどういう存在ですか?

三澤:原作ではハルユキの独白がけっこう書かれていまして、そこから感じるのはまっすぐで芯が強くて優しい子、というイメージです。だから「応援したい、リアルでも加速世界でも一緒にいたい」という黒雪姫の気持ちもよく分かります。

―最後にアニメを心待ちにしている方々に一言お願いします。

三澤:『アクセル・ワールド』は原作のライトノベルも、とても疾走感があってかっこいいのですが、アニメでも原作の良さをさらに引き出し、疾走感が音や動きで伝わるように、キャストもスタッフの皆さんも熱意を持って臨んでいます。私自身、「こうしたい」というイメージに技術が追いつかなくて悔しい思いもしていますが、そこを埋めていければ黒雪姫ももっと魅力的なキャラクターになるはずですので、日々少しずつでも成長していきたいです!

<Text/ダンディ佐伯>

【アニメ概要】
TVアニメ『アクセル・ワールド』

TOKYO MX 毎週金曜 24:30~
テレ玉 毎週金曜 25:00~
チバテレビ 毎週土曜 25:00~
tvk 毎週土曜 25:30~
テレビ愛知 毎週土曜 26:20~
MBS 毎週土曜 26:58~
北海道放送 毎週月曜 25:26~
RKB毎日放送 毎週月曜 26:25~
とちぎテレビ 毎週水曜 23:30~
群馬テレビ 毎週水曜 24:30~
BS11 毎週金曜 24:30~
AT-X
毎週日曜 23:00~/毎週土曜 17:00~/
毎週日曜 10:00~

キッズステーション 
4月20日より 毎週金曜 24:00~/28:00~ 
毎週日曜 23:00~

その他、ニコニコ動画、ワーナー・オンデマンド、バンダイチャンネル、PlayStationStore“Video Unlimited”にて配信

※編成の都合により放送曜日、時間、開始日が変更になる可能性がございます。

予めご了承ください。

<スタッフ>
原作:川原礫
原作イラスト:HIMA
監督:小原正和
シリーズ構成:吉野弘幸
キャラクターデザイン/アニメーションディレクター:愛敬由紀子
デユエルアバターデザイン/アクション監督:椛島洋介
セットデザイン:青木智由紀 イノセユキエ
メインアニメーター:田畑壽之
音響監督:鶴岡陽太
音響制作:楽音舎
音楽:大島啓之 onoken MintJam
プロデュース:GENCO
アニメーション制作:サンライズ
製作:AW Project

<キャスト>
黒雪姫:三澤紗千香
ハルユキ:梶 裕貴
チユリ:豊崎愛生
タクム:浅沼晋太郎
ほか

<OP/ED>
OP:May’n/『Chase the world』
ED:KOTOKO/『→unfinished→』

(C)川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project

●作品公式サイト
http://www.accel-world.net/
●公式Twitter
http://mobile.twitter.com/accel_world

●三澤紗千香 公式ブログ
http://ameblo.jp/misawasachika/

【番組情報】
●【ニコニコ生放送】三澤紗千香のアクセル全開!世界会議
(月一回放送)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv88694564

●【地上派・WEBラジオ】
「アクセル・ワールド ~加速するラジオ」
ラジオ大阪にて毎週日曜日 21:30~
「響 -HiBiKi-Radio Station」にて毎週月曜日 12:00~ 好評放送中!
http://hibiki-radio.jp/description/kasoku

【プレゼント】[showafter on=”2012-06-01 00:00″]プレゼントの応募期間が終了しました、ありがとうございました[/showafter]
三澤さんのサイン入り番宣ポスターを抽選で1名の方にプレゼントします。

ご希望の方は、「三澤紗千香」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)
応募締め切り:2012年5月31日(木)23:59必着

【関連記事】
・“加速”しまくりのバトルアクションに期待も高まる! TVアニメ『アクセル・ワールド』アフレコレポート
http://repotama.com/2012/04/19071/
・三澤紗千香と上坂すみれがあなたの妹に!? 妹CD『妹はお兄ちゃんと遠距離恋愛中!?』今夏発売決定!
http://repotama.com/2012/04/20480/