今年は由緒正しいお寺を参拝!「うじゃぱらin洛中洛外」レポート

By saeki, 2011年12月20日


毎年秋に「京都東映太秦映画村」(開催地:京都東映太秦映画村)」で行われているMOSAIC.WAVの上洛ライブが今年も開催!
日中はMOSAIC.WAVの二人(み~こ、柏森 進)とからす天狗のうじゅ、あいと一緒に京都の不思議・風雅・ご利益スポットを巡る探訪イベント「うじゃぱらin洛中洛外」が行われた。

 

太秦戦国祭り公式マスコットキャラクター「からす天狗うじゅ、あい」を展開するうじゅ製作委員会が企画したこのイベントはMOSAIC.WAVの二人(み~こ、柏森 進)がうじゅ・あいと一緒に京都の不思議・風雅・ご利益スポットを巡る探訪イベント。
昨年の嵐山法輪寺・電電宮に続き二度目となる今回、一行が訪れたのは、かの宮本武蔵も参禅したという妙心寺塔頭退蔵院(京都市右京区)。

こちらには、中根金作氏が作庭した昭和の名庭「余香苑」、「瓢箪で鯰をおさえとることができるか?」という問答でおなじみ、如拙の傑作国宝「瓢鮎図(ひょうねんず)」(※レプリカ)、柄杓ですくった水を甕の中に落とすと透き通った音を奏でる「水琴窟(すいきんくつ)」、など、見どころが盛りだくさん。和尚さんの興味深い、時折冗談も交える解説に、参加者たちも熱心に聴き入っていた。

 
また、寺社内を巡る途中にはちょうど見ごろを迎えた鮮やかな紅葉も拝むことができ、思い思いに写真撮影に興じていた。

 
一行は大広間でMOSAIC.WAVの二人とうじゅ、あいを囲んで抹茶とお茶請けのお菓子(瓢鮎菓子)を堪能。その間、『からす天狗うじゅ 2011』テーマソング「えっへん≦( ̄^ ̄)≧どやどす? 天狗自慢」に関する楽曲解説が行われたり、うじゅとあいから参加者の携帯電話にパワーを送ったり(2011年公開のGPSゲーム参加URLを念送)と、参加者も大満足。

み~こ::「えっへん≦( ̄^ ̄)≧どやどす? 天狗自慢」は、「どや」を連呼すると、大阪のおっちゃんが連呼しているように聴こえる、ということで、かやぴー(柏森)から「『どや』の部分を区切りを良くすればいいんじゃない?」と提案があり、うまく収まりました。カップリングの「嵯峨落陽絵巻」はタイトルからもお分かりかと思いますが、嵯峨をイメージして作って欲しい、ということでした。きれいな景色をバックにうじゅが物語を語る、というイメージでかやぴーに仮歌を作ってもらったら、イントロがどんよりした雰囲気になってしまったので(笑)、明るくなるようにしました。


最後は三門の前で集合写真を撮影。そして北総門の前で一人ひとりに挨拶をしていく二人。この後行われる「上洛ライブ」に参加するファンが多いこともあり「また後でね!」とファンとの交流に笑顔で手を振っていた。

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

●MOSAIC.WAV公式サイト
http://web.mosaicwav.com/
●妙心寺 退蔵院 公式サイト
http://www.taizoin.com/main.html

●『からす天狗うじゅ』公式サイト
http://www.ujyu.jp/

【関連記事】
・MOSAIC.WAVが上洛ライブを実施!太秦戦国祭りでライブ開催
http://repotama.com/2011/11/9442/
・阿久津、五十嵐、MOSAIC.WAVらが登壇 !『アニメ文庫』発売記念 <プレミア上映2WEEKS>初日舞台挨拶レポート
http://repotama.com/2011/11/9083/